ホーム > mixiユーザー(id:3214386) > mixiユーザーの日記一覧 > ワラウカド1歳馬出資確定

mixiユーザー(id:3214386)

2019年09月20日23:37

42 view

ワラウカド1歳馬出資確定

先日、ワラウカドツアーに行ってきました。
前日入りしての1泊2日だったのですが、行き帰りの飛行機の中とホテルでは仕事。7月から仕事詰めの毎日で、心が死んでたのですが、パカパカファームの景色と馬を見ていたら生き返り……その後東京で死んだ目をしながら仕事して、つい数日前ようやく終わりました。今回はギャラが会社じゃなくて自分に直接入るので、意気揚々と引き受けたのですが、最後あたりずっと自分を恨みました……。

さて、ツアーの際に今年の1歳馬に出資しました。

ツアー前、私が考えていたのは以下の3つ。
1.牡馬が欲しい
2.適性は芝ダート問わない
3.出資は2頭を目安
現在の出資馬は牝馬2頭なので牡馬が欲しいので、まずは牡馬が1頭欲しい。
芝ダート問わないのは、ワラウカドはもしかしたらダート馬が走らないのでは?という疑問が自分の中で浮かんだため。セルフィーは芝馬ですし、ナンナも芝馬っぽいので、勝てるならダート馬も1頭欲しいですが、スカイファルコンの時みたいに、ダート馬だからと出資馬はしない。
そして今年も2頭を予定。走っているのが2頭はやはり味気ないですし、まず勝ち上がれるかもわかりませんし。

というプランで出資したのが以下の馬たち。

1頭目
セルフプリザヴェーションの2018
セルフィーの成績も悪くないので、最初から馬体に問題がなければ出資するつもりでした。
全体的に小さめです。上の成績の割に安めだった理由はこれでしょう。
繋ぎが立ち気味であるところは気になるのですが、セルフィーも繋ぎはちょっと立っててあれだけ走っているので問題なし。バランスは悪くないですし、馬力もありそう。
シャルドネゴールドに似ているとハリーさんは言っていましたが、脚回りなんかはセルフィーに似ていると思います。脚の回転数と心肺機能で戦うタイプ。
私が最も重要視している管囲も問題なし。この体格ならこれぐらいが普通。
胸囲だけ規格外なので、積んでいるエンジンは良さそうです。
問題は飼い食いですね。セルフィーくらいガツガツ食べる馬だと、この先の成長も期待できますし、体力的な問題もなさそうです。胃袋の強さは正義。セルフィーで学びました。
それと母の遺伝が強いのか、この子も4本ソックスに流星。派手好き一家です(笑)。

2頭目
デザートオブライフの2018。
帰りのバスの中でウンウン唸りながら決めました。正直出資した今も自分の判断に自信が持てません。
こちらも決して大きくないですが、バランス良くまとまっています。
体型は正方形で、トモ高ですが、極端じゃないのでさして問題なし。
私が唸っていた理由は繋ぎ。セルフィー以上の明らかな立ち繋ぎ。ブリランテ産駒は芝の方が成績いいので、ダート向きの立ち繋ぎはマイナス。募集価格が割引込みだと1000万切るほど安かったのはこれが原因でしょう。
こういう馬は芝を走らせるとなると、脚にダメージが溜まって怪我がちになるか、何も問題なく走るかのどちらかなのですが、馬体重がそこまでじゃないのと、体格のわりに管囲が20cmあるということ、繋ぎは立っているが歩様は柔らかめで、芝を走るのに問題がなさそうということで、私は大丈夫な方かなと思いました。
逆に、繋ぎの長さで言えば、芝でもダートでも走らせやすい、いい長さなのではと思います。
ただ、ダート走らせるなら体格がもう少し低方形になって、体重増えないと大変でしょうね。
性格は初めての環境に慣れるまでチャカつくタイプみたいですが、慣れると図太いようで、物怖じはしなさそう。
あとイケメンです。シュッとした顔立ちをしています。是非メンコを付けずに走ってほしい。

3頭目
ボカイウヴァの2018
ツアー終了後、デザートオブライフの脚の不安が拭いきれなかった私が、20%割引分満口直前に滑り込みで出資。
馬体は雄大で力強い歩き方なのですが、柔らかさも兼ね備えています。サドラークロスの影響はあるのでしょうが、血統以上に重くないです。
脚の可動域は広めなので府中なんかが良さそうです。
この馬の最大の特徴は歩様。癖がなく真っ直ぐ脚が出ます。脚が真っ直ぐ出るということは、無駄なところに力を使わず、脚の回転が速くなるためとてもいいです。
後脚の繋ぎが寝ているのも芝でスピードが出せそうでいいです。逆にダートはからっきしでしょうね。
実馬を見るまでは価格がちょっと高いなと思っていたのですが、なかなか立派な上に、将来性も高そうなので納得しました。
距離は2000m走れればいい方だと思います。

以上、来年はこの3頭に頑張ってもらいます。……えぇ、2頭と思ってたら3頭になっちゃいました。
この3頭の中で堅実に勝ち上がりそうなのはセルフプリザヴェーション。コツコツ稼いでくれそうです。
ボカイウヴァは藤沢厩舎最後のクラシック世代で浪漫があります。是非皐月賞に出てもらいたいです。
デザートオブライフはそれなりに走りそうだなとは思うのですが、どこを走るのかは全く想像がつきません。ただ、こういう想像がつかない馬が激走すること、結構あるんですよねぇ……。


一応18年の馬は打ち止めの予定ではあるのですが、実はリズムオブライトの2018がゼノヴァース以上にいい馬に見えて、気持ちがぐらついているんですよねぇ。
いかにも大きいところを取るディープ産駒の馬体をしています。
問題はお金。15万は貧乏人には辛い。でも1度はディープ産駒に出資はしてみたい……。
とりあえず満口寸前まで悩むことにします……。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する