ホーム > mixiユーザー(id:31971822) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:31971822)

日記一覧

 -89:昇竜の持ち帰り餃子についてきたものである。 原材料は、たれ:醤油、食酢、食塩、砂糖、蛋白質加水分解物・アミノ酸等とある。 過去に、-88:らーめん 永興(千葉県浦安市)の餃子にもついてきたが、 それはタレに辣油が混ざっていたものである

続きを読む

・はじめに 本日は上野に行ったわけではなく、上野に行った者が土産にしてくれたものである。 店で食べる場合とは異なるが、折角の機会なので有難くいただく。・対象 営業時間:火〜土_11:30〜21:30、日・祝_11:30〜20:00 定休日:月曜・第2火曜・年末年

続きを読む

・はじめに 福島駅東口の正面の道路、駅前通りの餃子は全て食べたと思い込んでいたが、 ここの店を見落としていた。駅前通りの店の中では老舗の居酒屋である。 筆者が学生の頃から当然あったのだが、泡盛で酷い目に遭うことが目に見えているので、 今まで

続きを読む

・はじめに 暑くなった。雨も憂鬱だが、ひたすら暑いのにも閉口する。辛い季節は近い。 本日は郡山市へ。こんな生活を延々と続けていくのも良いのかもしれないが、 餃子以外に何も成し遂げずに人生を終えるのもさすがに虚しい。 そう思いかけたのだが、餃

続きを読む

・はじめに 「石川」と聞くと、石川県よりは石川郡が先に浮かぶ。 しかい、石川郡に何か有名なものがあるのか、と問われると口ごもってしまう。 高校野球のかつての強豪(現在もそこそこだが)、学法石川高校しか浮かばない。 本日は石川郡浅川町の店だが、

続きを読む

・はじめに そういえば梅雨時だった。じめじめと蒸し暑い。いわゆる不快指数が高い時候である。 本日は郡山へ餃子を食べに出る、ことにする。読点ひとつで主客転倒させられる。 この店の佇まいは、ずいぶん長いこと営業していることを匂わせるが、 10年近

続きを読む

・はじめに 絹の町川俣、という宣伝文句は今でも使われている。 川俣町は、古くから絹糸の加工品で栄えてきた町である。 後はお察しの通り、養蚕業の衰退と共に緩やかに斜陽の道を辿っていったが、 川俣シャモという畜産業と、元から培っていた絹加工技術

続きを読む

・はじめに 本日も棚倉町で餃子を食べることにする。前もってリストアップしていた食堂へ。 店内でかかっているテレビでは、年金の話を取り上げている。 専業主婦は、婚姻期間を長くしてから離婚したほうが「お得」だとか、 共働きではどうだ、再婚したら

続きを読む

・はじめに 東白川郡は、棚倉町、矢祭町、塙町、鮫川村からなる、福島県最南端の郡である。 サッカー施設のある棚倉町はまだしも、矢祭、塙、鮫川には行く用事はあまりない。 本日は棚倉町へ。とりあえず、餃子を食べに来たということにする。・対象 営業

続きを読む

 -175:博多 一風堂(仙台市宮城野区中野)の餃子に添えられていたタレだ。 原材料は、しょうゆ、醸造酢、砂糖、食塩、さばエキス、調味料(アミノ酸等)とある。 この、宝醤油という会社は東京の会社だが、製造場所は千葉県銚子市とある。 銚子と言えば漁

続きを読む

・はじめに 昼食と考えれば、餃子を2皿食べるのが量的に丁度良い。 複数の店が集まる場所では、餃子のみ食べるのが非常に効率が良い。 アウトレットでは何処の飲食店も行列が酷いため、複数の店舗で買い回るのは大変だが、 餃子のためのはいえ、何度も訪

続きを読む

・はじめに 仙台港アウトレットである。野暮用を足す対価に餃子を食べる。 「味よし」という屋号のラーメン屋はかつて、福島市にあった気がするが、今はもうない。 その跡地は現在イタリア料理店となっているが、評判が良いようで、混雑している。 飲食業

続きを読む

・はじめに 白河が関という言葉がある。南から進み、これを越えると東北地方(蝦夷)に入る境界だ。 関を越えて勤務しろ、と命じられた大昔の役人は、島流しにあった気分だったろう。 尤も、その感情は今の時代でも変わってはいないだろうが。 この白河が関

続きを読む

 本日は持ち帰りで頼んだ餃子を食べる。 12個で850円なのは、2018年1月に訪問した時と変わっていない。 一度、電子レンジで温め直して食べたが、やはり店舗で食べた時より味が落ちる。 餡のたっぷりした食感は変わっていないが、大蒜の風味が強くなった感

続きを読む

・はじめに 郡山市には環状線が2本敷設してある。それぞれ、内環状線、外環状線と呼ばれている。 本日は内環状線から程近いところにある食堂へ。 店内にはボトルキープの酒瓶が並び、品書きにも飲み放題と書かれている。 昼間は食堂、夜は居酒屋、という

続きを読む

・はじめに 以前、郡山市で働いていた時から、この店は知っていたのだが、入る機会がなかった。 というのも、この店は、狭い割に交通量の多い道路沿いにあり、車で入りづらいのだ。 おまけに、一見して駐車場が見当たらないので車で訪問して良いのかもわか

続きを読む

・はじめに 郡山市の北東で店を見繕っており、本日向かってみたのだが、 着いてみたら、6月の11、12、13と休みます、という暴挙(?)に出られた。 仕方なく別な店を探す。何となく、郡山市の東の外れの方向の店にする。 作業服を着た客が多いので、近くに工

続きを読む

 -173:ラーメン店の餃子(冷蔵・大商食品工業(有))に付属していた。 しょうゆ(国内製造)、醸造酢、食用なたね油、食塩、水飴、食用ごま油/調味料、 が主な原材料である。 これは、-144:長崎麒麟亭黒豚肉餃子と-172:黒豚入 肉餃子と同じ組成だ。

続きを読む

・はじめに 気が付いたら、「東北絆まつり」という行事が行われるようになった。 「絆」とは、何と何の絆なのか、未だに判らないのだが、誰も気にしていなそうだ。 東北六県の祭りを、毎年何処かの都市に集めてやるもので、今年の会場は福島市だ。 2018年

続きを読む

 -172:黒豚入 肉餃子(冷蔵・(株)PLANT)に付属していた。 主な原材料は、しょうゆ、醸造酢、食用なたね油、食塩、水飴、食用ゴマ油、調味料 である。-169:餃子のみまつ 生餃子(冷蔵・(株)みまつ食品)と同じだ。 正確な味の記憶まではできていないが

続きを読む

・はじめに スーパーセンター・プラント、という大型の店舗がある。 https://www.plant-co.jp/ であるように、本社は福井県坂井市である。 スーパーマーケットとホームセンターとを一体化させた店構えが特徴で、 主に、北陸〜近畿〜中国・四国にかけて店

続きを読む

 -171:チルド ジャンボ餃子(冷蔵・(株)栄進フーズ)の付属のタレだ。 ここでは、餃子のタレも自社製造しており、 原材料は、醤油、醸造酢、ラー油、砂糖、調味料(アミノ酸等)となっている。 酸味はあまり感じられず、醤油の塩辛さと、出汁のような味も

続きを読む

・はじめに 製造している場所は宮城県塩釜市、とあるが、会社自体は千葉県にある。 http://www.eishinfoods.jp/user_data/miyagi.php 餃子の製造を大きな柱にしている会社のようだ。 案外、冷蔵や冷凍の餃子を作っている会社は日本中にあるようだ。 特に

続きを読む

-191:すずらん(福島市豊田町)(2019/05/29)・はじめに 福島市豊田町と言われて、何処にあるか、ぱっと正確に言える人は少ないだろう。 なにせ、4区画しかない、おおよそ100m×200mぐらいの範囲しかない場所なのだ。 商店はそこそこあるものの、あまり大

続きを読む

・はじめに 喫茶店に餃子?という印象があるかもしれないが、確かにあるのだ。 この店は、繁華街と住宅街の境界に立地している、という表現がしっくりくる。 ここで餃子が食べられるという情報を得てから、訪問する機会を伺っていた。 最初は土曜の昼間に

続きを読む

 -170:海老と春雨の餃子(冷蔵・(株)ドリームフーズ)の付属の芥子だ。 チヨダと言えば、--(2)で何度も紹介している餃子のタレの会社だが、 芥子を生産していても全く不思議ではない。 味は…日頃、芥子をほとんど食べないので、一般的なものと大差

続きを読む