mixiユーザー(id:31971822)

2019年12月06日00:12

72 view

餃子考:-197:みさとエゴマ餃子(冷凍・株式会社清水屋)(2019/12/04)

・はじめに
 以前、-53:味さと 久留米店(郡山市久留米)を訪問したことがあったが、
 どうやらこの店が冷凍餃子の販売も行ているようだ。
 店で食べたのが2015年のことだったので、あれからずいぶん時間が経ったものだ。
・対象
 餃子20個、価格は失念
・結果
 原材料:キャベツ、玉ネギ、万能ネギ、にんにく、生姜、豚肉、皮、エゴマ、ゴマ油など
 大きさ:中程度〜やや大きめ
 皮の厚さ:中程度
 ひだの数:7個
 餡の内容:野菜と肉が半々程度
・考察
 エゴマ豚、という表記はよく見かけるのだが、一体それは、何だろうか。
 http://food-planning.co.jp/egoma
 福島県で開発された豚の品種名とのことである。
 つまり、他県ではほぼ、見かけることができない豚肉である。
 出荷の1カ月前になると、すりつぶしたエゴマを混入した餌を与える、とあったが、
 豚からすれば、エゴマが餌に混ざってきたら、自身はあと1カ月の命、となる。
 もちろん、豚自身はそのようなことに気付く由もないが、
 考えてみれば、食欲が減退しそうな話である。
 そのエゴマ豚を使用した餃子、ということなのだが、どうも餡に癖を感じる。
 当方の焼き方が稚拙だったためにやや水分多めとなってしまったが、
 それとは別に、餡自体の味が少し引っかかるような印象を受けた。
・まとめ
 評価は3である。そこまで素晴らしい豚肉か、と聞かれると首を傾げたくなる。
 今回の餃子の件とは別で、エゴマ豚を単体で食べてみる必要がありそうだ。
 更に言うならば、日本各地のブランド(?)豚も食べてみたくなってきた。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する