mixiユーザー(id:3196594)

日記一覧

7冊の各々を読んだ動機などを簡単な解説付きで公表しました。・ブックカバーチャレンジ1日目炎の伝承https://ameblo.jp/ozakusan/entry-12595537356.h  tml・ブックカバーチャレンジ2日目身近な雑草の不思議https://ameblo.jp/ozakusan/entry-125956322

続きを読む

3日前『今咲く野の花』で載せたニガナよく見ると、花弁の数6がもっとも多い。だが5もあり7もある。こんなことってあるのだろうか!?不思議と感じ、いま調べています。しかしよくわかりません。不可解『土石流対策』ここを近々、重機を入れて、掘り下げ、

続きを読む

土石流対策
2020年05月19日21:24

今朝、激しい雨音がしているなか、土建業者から電話が掛かってきた。今日は重機で排水口を塞いでいる土石の撤去工事の予定だったが、この天候で延期の連絡だった。「いま水があふれ出てませんか?」「流入口が流れてきた葉っぱで塞がれると、あふれ出るけど、

続きを読む

今咲く野の花
2020年05月18日22:19

空へ背伸びするように草が日ごと成長し、草刈りをいつしょうかと思い巡らしています。その中よく見ると、数ミリ〜2センチほどの幾多の小さな花が、妖精のごとく咲いている。レンゲソウ(蓮華草)田畑のあぜ道に生えていたが今はほとんど見かけなくなった。ニ

続きを読む

フジ(藤)の季節到来
2020年05月16日13:46

公園の藤棚のフジが綺麗に咲いていると聞きました。フジは、木に絡まって成長する蔓性の植物。街では、人工的に作った棚に絡ませ、花房が垂れ下がります。山中では、木に絡まり、あちこち育ち放題、自然なまま、咲いています。我家周辺では、下流方面が今見頃

続きを読む

分かりやく、実用的な瞑想入門書目次のあとの最初の10ページを読み切ればその日から、家で、一人っきりで、瞑想を始められます。(^^)/集まって皆で一斉に同じことをする瞑想会は、教え教わり、励まし励まされ、シェアしたり…があるが、たまにでいい。本

続きを読む

朝起きて、OSHOの本を、数行から日により数ページ、読んで瞑想をしています。一昨日からこの本を読み始めました。(^^)/【7日間ブックカバーチャレンジ】☆☆☆☆☆参加方法:【自分の好きな本を1日1冊、7日間投稿する】読書文化の普及に貢献する目的ルー

続きを読む

40数年前、『母原病』という本がベストセラーとなった。おおすじは、母乳で育てない→スキンシップの不足→子が情緒障害→子に問題行動がでる問題のある子を持つ母親へ、バッシングが吹き荒れた。自閉症児の母親は、子への接し方をいくら変えても、症状の本質

続きを読む

チベットのラサから聖地カイラスに行くには,ツァンポ―川の上流を辿って西に向かう。この川は、両岸を侵食し、崩した土砂を巻き込んで流れるので灰褐色をしている。ヒマラヤ山脈形成時の太古の昔から、流れ続け、両岸が抉られ、深い峡谷となっている。この川

続きを読む

4年前チベットの聖地カイラスを旅した。途中で見聞き体験したことが、消化しきれず引っ掛かったまま残ったような感じだった。著者は幼いころからチベットに惹かれ、聖地ばかりでなく伝統産業、動植物、自然、風習文化などを探し訪ねる旅を重ねている。気掛か

続きを読む

緑乏しい東京下町で過ごした少年時代、もっと自然のあるところで暮らしたいと思ったことを覚えている。数十年後の今、なんと山暮らしをしている。また自然災害(いまは土石流)に悩まされている。不便なことも多いが、それを上回る楽しみがある。この本は楽しみ

続きを読む

【7日間ブックカバーチャレンジ 1日目】一人で家にいるとき、朝起きると、まずOSHOの講話本を、短かくて数行、長くて数ページ、読んでから瞑想をしています。OSHOの言葉に耳傾けることは、瞑想への誘い入り口となっています。この本は、読み終えたばかりです

続きを読む

今日
2020年05月07日17:51

芽吹いたばかりの樹林がいつの間にかエネルギーに満ちた緑葉に変容。昨日はしっとりした慈雨、水を得て生き物が力強くよみがえり、今日は一転晴れ渡った。窓を開けると、家にいたカメムシは緑の樹林へ、代わりに蜂や蝶などの昆虫が飛び込んくる。庭では、昆虫

続きを読む

カメムシ飛び去る
2020年05月01日23:31

山暮らしには、カメムシが付きまとう。夏から初秋にかけては家の中にいないカメムシなのだが、去年は10月1日(区切りがいいので覚えている)、家の中にいるのを初めて発見した。秋から冬にかけて、増え続け、多数のカメムシと共生することになる。入れたくな

続きを読む

野の花
2020年04月30日22:42

野原も緑がいつの間にか溢れている。野の花も目に付きます。ここ数日の間撮りためたものを紹介します。タンポポスミレ(菫)画像検索すると、スミレの花はこれが同じ種かと思えるほど多種多様、これもスミレ山中の日陰に咲いていた。春、白花、野の花…キーワ

続きを読む

モミジの花をみつけた
2020年04月29日23:31

久しぶりに散歩歩き出すなり、モミジの花と実を見つけた、もう何年も春に同じ場所を通っていたはずだが、初めて発見したのだ。秋の紅葉が美しいモミジだが、春は、茶色のくすんだ葉の色だったのは、つい先日。いまは新緑、輝いている。少し歩くと利休梅が咲い

続きを読む

人との接触の少ない山中の施設ですが、▲ コロナ感染リスク低減のため、当分次の対応をします。。1 定員を7人とします。(通常の定員20人の約3分の1)過密を避けます。2 予約受付の際、移動距離(近距離の方優先)、交通手段(公共交通機関より乗用車利用の方

続きを読む

日ごと開く春の花
2020年04月22日22:15

日ごと蕾が開花していく。昨日みた花を今日見ると、もう違っている。より開き、色濃くなっています。今日撮った写真ハナカイドウ(花海棠)ボケ(木瓜)シャクナゲ(石楠花)春一番という名のツツジシモクレン(紫木蓮)すべて庭木の花です野の花も目立つよう

続きを読む

コロナ対応&作務計画
2020年04月21日23:31

★コロナ感染リスク低減のため、当分次の対応をします。。1 定員を7人とします。(通常の定員20人の約3分の1)過密を避けます。2 予約受付の際、移動距離(近距離の方優先)、交通手段(公共交通機関より乗用車利用の方優先)、を勘案します。★次の『作務』ご

続きを読む

最終日
2020年04月20日00:06

今日は『瞑想と作務の生活』【期間限定 2/17-4/19 】の最終日です。一昨日の現場連日、剥いだ木の皮、枝葉を燃やし続けました。整地していました。昨日は雨で休止。今日最終日の現場、残余の作業はあるものの、当初の目標どおり薪造りを終えました。携わって

続きを読む

ここまでは、過去3ヶ月以内に投稿された日記です。

これより過去に投稿された日記を閲覧するには、画面左の「過去の日記」内にある年月をクリックすると該当月に投稿された日記を閲覧することができます。