mixiユーザー(id:31644945)

2019年06月10日23:17

115 view

『buu@蓮舫「総理、日本は、一生懸命働いて給料もらって、つとめあげて退職金もらって、年金を頂いて、それでも65歳から30年生きるため、2000万円ないと生活が行き詰まる、そんな国なんですか?」』

アレ「あのー、えー、ま、金融庁から、発表された、あ、数字、なんだろうと、こう思って、おりますが、これはえー、、、不正確でありですね、誤解を与えるものであったと、これは、既に財務大臣から、お話をさして頂いている通り、であります」
蓮舫「不正確でも誤解もしていません。こちらご覧ください、これは報告書です。年金だけでは老後の生活を賄えない。金融庁の審議会WGから出されたもので夫65歳妻60歳以上の無職世帯収入は、9割以上社会保障給付に頼っていますけれども、今、毎月5.5万円の赤字、そこを毎月自分の金融資産で補填するには、20年で1300万、30年で2000万必要、麻生さん、これ、何ですか?」
アホー「あのー、今ほど言われました話と言うのは、少なくとも、今、安倍総理の方からもお答えがあっておりましたように、色々な高齢者の生活と言うのは、極めて多様であって、それぞれの方が望ましいと考える生活水準の働き方や希望収入資産にょじょ(?)、当然のこと、様々なんですが、今ありました、ご指摘の報告書と言うのは、これは、更に豊かな老後を送るためには、個々人の置かれた状況に応じて、より上手な資産形成が出来るようにすると言うことも、大切ではないか、との見方が述べられたものだと理解を致しております、、(蓮舫氏の方を見ながら)言う事を込めて考えたんだと申し上げております、しかし高齢者の家計について、貯蓄や退職金を活用している、と言うことに触れることなく、家計調査の結果に基づく単純計算で、老後に月5万円、30年で2000万円の赤字であるかのように表現した、という点につきましては、これは国民の皆さまに誤解や不安を広げる不適切な表現であったと私どもは考えております〜(ここから長い(あんまり長いので、野党理事クレーム、委員長から「ご答弁は簡潔に」キマシタ) 蓮舫「この報告書、読みました?」
アホー「冒頭の部分、一部目を通させて頂きました、全体を読んでいるわけではありません」(場内、えー)
蓮舫「これだけ国民の間で怒りが蔓延して大問題になっている、読んだら5分で終わる報告書、読んでいない、このどこに、どこに、豊かな暮らしのために5万円足りないって、書いてありますか?」
アホー「わた、私ども、私どもが、最初から申し上げておりますのは、これは、年金の、この勉強するグループで出されてきたものを、あげられた、採用だと私ども理解しておりますんで、そういった意味では、この、私ども、あげられた直ぐ後、に、今の中で申し上げてるような、色々な表現にある中で、少なくとも、そういったものを目的として、やろうとしている、と言う事をもうしあげております」
何言ってるかワカリマセンほえー
蓮舫「間違っています、二つの意味で。一つ、勉強するためのグループが話したものじゃなくて、麻生大臣が、諮問をした審議会のWGですよ、そしてこの報告書には、豊かな老後のために5万円足りないとは1行も書いてありません。その問題認識が甘い。そんないい加減なことで、不適切だと国民に言うのは、私は、その方が不適切だと思います。そもそも、そもそも、麻生大臣にお伺いします、赤字、との表現が不適切、それで国民は納得すると思いますか?」
アホー「色々な方の、からも私どもに、ご質問を頂いた事は事実であります(は?)けれども、その中に、その点に対して、不適切だというご意見、ご意見に関しては、そうではないんだと言うことで、丁寧にご説明をさして頂き、ご理解を頂いた方も多くいらっしゃいます」(どこの誰よ)
蓮舫「いや、不適切でご理解を頂いた方が多くいるって言うのは、麻生さんの周りっていうのは、随分と、忖度される方しかいないんじゃないんですか?この報告書で、国民が怒ってんのは、100年安心が嘘だったと。自分で2000万円貯めろって、どういう事かという憤りですよ。報告書を簡単にまとめると、〜豊かな生活のためではなく、足らざる部分のために、もっと働け、節約しろ、貯めろ、公助から自助に、総理、いつ転換したんですか?」
アレ「あのー、先ほど、麻生、大臣はですね〜そのような誤解を与えたと思います。
そこで、そこでですね、そこでですね、そこで(助走、つきましたっ)あの、100年、安心、と言う事、について申し上げますと、これはですね、高齢期のネン、、生活は多様であってですね、それぞれの方が望ましいと考える生活水準や、働き方の希望収入資産の、状況など、も様々であります、〜その上でですね、この上において、年金100年安心が嘘であった、と言うご指摘でございますが、そうではないと言う事を、今、申し上げさしておきたいと、これ、重要な点でありますから、申し上げたいと思いますが、ま、この国民の老後所得の中心となる公的年金制度についてはですね(原稿棒読み開始、年金改革、マクロ経済スライドに言及)(蓮舫「委員長」)ここからが大切なんですよ、そこでですね、アベノミクスの進展によって、もはやデフレではないと言う状況を反映し、今年度の年金は、0.1%の(関係ない、の野次)これですね、年金水準をちゃんと説明しなければ、不安を煽るだけの結果になってんですよ、こうやって説明させないと言う態度は、おかしいと思いますよ(委員長席に理事参集)(委員長「速記を止めて下さい」)これはですね、これまで未調整だった分も含めて、将来世代のため、マクロ経済スライド調整を行った上でなお、現在の、給付額がプラスの改定と、今年度はなったわけでありまして、現在の受給者、将来、、、(委員長の方を向き)、あ、今、止まってんですか?、、今まで止まったの?、、(議場に)いや、これはですね、いやしかし(蓮舫、委員長に「指導して下さい」)100年安心がね、蓮舫さんの質問は何でしたっけ?公助から自助に、いつ転換したのか、でしたよね?」
まだゴネ中のアレ「100年安心が、ではないと言うことをおっしゃったわけでありますから、政府としては、大切な点でありますから、大切な場でありますから、当然反論さして頂きたい(って反論になってないじゃん)と思います。で、速記、止まったの?(なんでマイク入ってるの?)え?」
西田理事に促されアレ、いったん着席
委員長「安倍内閣総理大臣」
(蓮舫「長いって言ってるんです、もういいです」)
アレ「いや、今、委員長から、委員長から、(委員長「静粛にして下さい」)皆さんね、年金っていうのは制度の説明ですから、少しは時間かかるんですよ。スローガンを言い合う事ではないんですよ(蓮舫「私が質問してるんです」)で、100年安心ではないと言う、非常に重要な点を指摘されましたから、それに対して反論するのはですね、不安を煽らないためにも、これは大切ではないでしょうか。で、そこでですね、簡単にお答えを致します。簡単に致します(最初からそうしろよ)そのアベノミクスのですね、進展によってですね、もはやデフレではないと言う状況が出来たことを反映して(またそこに戻る、、さっき聞いたよ)今年度の年金は0.1%の増額改定となりました、これはですね、これは、未調整だった分も含めて、将来世代のためのマクロスライド調整を行った上でなお、現在の受給額がプラスの改定になったものであり、これですねぇ皆さんにとって、都合が悪い説明になると、遮るんですか?皆さんにとって都合の悪い説明だと遮るの?で、これはですね、いいですか?いいですか?私が答えますから、いいですか?」
(もしかして、そこまでしか原稿ないの?🤣)
蓮舫さんも「どうぞ、続けて下さい、どうぞどうぞ」と言い始めた🤣🤣
アレ「これは、これまで未調整だった分も含めて、将来世代のための、マクロ経済スライド(これで同じとこ3回読んだぞ)調整を行った上でなお、現在の受給額、プラスの改定となったものでありまして、現在の受給者、将来世代の双方にとって、プラスとなるものであります。で、今、正確に制度について説明さして頂いているんですが、止めろよとか、やめろよとか(蓮舫「どうぞ」「どうぞ」)大きな声を出すのはね、皆さん、やめましょうよ。で、なお、デフレが、、で、なおですね(委員長「ご答弁は簡潔に願います」)いや、すみません、委員長ですね、委員長ですね、ああいう大きな声で??されて(野次に気分を害した、という表情)いや、わ、私がですね、答弁し始めて、10秒くらい経った段階で、そうやって大きな声を出されたら説明できないじゃないですか、これ皆さんにとって都合の悪い答弁だからですか?(とか言いながら、同じ原稿3回も読んだやんなー)(蓮舫「どうぞお話になって」)
アレ「じゃ、い、い、よろしいですか?じゃぁつまりですね、マクロ経済スライドによって(やっぱり、あそこまでしか原稿ないんだ🤣)マクロ経済スライドによって、100年安心という、ま、そういう年金制度(簡単やなー)が出来たと言うことなんです。それは、いいですか、これは給付と負担のバランスです。それを調整するものができた、そして今年度においては、プラス改正ができた、かつ、マクロ経済スライドも、発動された、マクロ、マクロ経済スライドが発動されたと言うことが、大きなポイントであると言うことは、これ、多くの方々がご理解されてないんで、申し上げさせて頂きたい、こう考えております」
え、そう言って着席しちゃったよ。
何か質問に対する説明した?
「今年度、マクロ経済スライド発動があり、給付はプラス」って
全く関係ないことを言っただけでは?
蓮舫「総理が、説明が、いかに、言い訳じみてる、と言うことがよく分かりました」
説明にも言い訳にもなってませんがなげっそり
こんなの総理答弁じゃないっぷっくっくな顔
以上、http://bit.ly/2F22klz より引用
以下、マダマダ続きますが、余りにもウブマバシビカバのアレの答弁なので割愛しますげっそり

7 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月13日 02:21
    お疲れ様です。なんか途中から笑えない漫才を聞かされているような気になりました。権門上を奢れども国を憂うる心なし♪ですね。情けない限りです。暴れたくなります。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する