mixiユーザー(id:31127142)

2020年05月28日17:25

9 view

(時事)振り回され続ける高3生

先週、夏の高校野球中止が決まり「代替案」を各地方で模索しているようです。

しかし、肝心なことを『見落としていませんか?』とここ数日思うようになり、今日のネタにしました。現在の高校3年生(今年4月1日現在で17歳)はこれから3年間、諸制度の改正で『振り回され続けます』。

大学入試センター試験に変わる『共通テスト開始』
昨年大騒ぎになり、ひとまず延期に落ち着いた共通テストですが、延期になったのは「記述式」と「英語の民間試験成績反映」だけで、共通テスト自体は来年から始まります。今までのセンター試験とほぼ同じ形式の試験になるとは思いますが、予備校含め不安しかないのが本音かと思います。そもそも、センター試験の前身である共通一次試験を始めた目的がいまいち不明なら「やらなくていいのでは!」と思うわけです。
なお、入試に経済性を求めてセンター試験を導入するのであれば、入学する学生の「質」は覚悟する必要があります。優秀な生徒を入学させたいのであれば、それなりに経費をかけるべきです。

19歳で『成人』
何回かこの日記にも書きましたが、再来年の4月1日に民法が改正され、現在20歳で成人になりますが、民法上の成人が18歳に引き下がります。その結果、現在高3生は19歳で成人になるわけですが、今まで20歳で成人になると信じて疑わず、一昨年6月に決まったこととはいえ「きわめて中途半端な時期に成人になる」ことから、我々ですら想像できません。
なお、飲酒や喫煙、公営ギャンブルは「未成年から20歳未満」に表現が変わっています。従いまして、成人になっても20歳になるまでは飲酒などはできません。
因みに、20歳未満でも婚姻すると成人になりますが、女子の婚姻可能年齢も18歳に統一されることから大きな問題になることはありませんが、経過措置で現在高1生と中3生の女子は再来年4月1日以降も婚姻できます。

現在の高3生が就職や進学でも共通テストを受験しなければさしたる影響はないものの、それでも少なからず影響を受けるものですので『代替開催に参加したい』とはならないと思います。甲子園出場の常連校でも進学校ということが珍しくありません。だとすると「甲子園が無くなったら受験勉強に追われてる」のは目に見えていますので、慎重に検討すべきと私は思います。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する