ホーム > mixiユーザー(id:3045000) > mixiユーザーの日記一覧 > アシュケナージ引退について思うこと

mixiユーザー(id:3045000)

2020年02月24日19:58

139 view

アシュケナージ引退について思うこと

今年の1月17日、アシュケナージの引退が
所属事務所のHPで発表された。

所属事務所のHPで
「彼の音楽創造は、世界最高のホールやフェスティバルの
公演シーズンの中心であり続けた。にもかかわらず彼は、
音楽が万人にとっての精神的啓発のおくりものであると信じ、
70年にわたるキャリアにおいて、小さな島や遠隔地に至るまで、
どんなささやかな場所をもおざなりにすることが
決してなかった」とある。

アシュケナージを聴くようになったのは
1980年頃だろうか。

ピアノのレッスンの参考に
リスト「超絶技巧練習曲集」のLPを買ったのが
彼との出会いであった。
文字通りの超絶技巧に驚いたものであった。

彼の演奏はテレビでも何度も見た。
映像で見るアシュケナージは
まさしく「スター」そのものであった。
彼が現れると、ステージそのものが
明るくなったような感じがする。
そして、演奏が始まると、
演奏に集中し、音楽が高揚すると
気合を入れるような動きを見せる。
音楽のみならず、すべてが魅力的だった。

https://www.youtube.com/watch?v=x6GZ6xeGnJQ&t=840s

アシュケナージの全盛時代、年配のファンなどから、よく
「いまの時代はスターはいるが、真の巨匠はいなくなった」
という意見があった。

アシュケナージが引退して、いまは
「巨匠どころか、スターすらいない」のではないか。
ランランやユジャワン、ブニアティシヴィリあたりは
スターかもしれないが、
なんだが、ポップミュージックのスターみたいだ。
クラシック音楽界のスターとしては、どうなんだろう?

アシュケナージのピアニストとしての最後のCDは
ドビュッシーの前奏曲集だと思うが、
これは奇妙なCDで
第1巻が2017年録音なのに対し、第2巻が1971年と
40年以上の差があり、もはや別人みたいだ。
第2巻は、若きアシュケナージの貴重な
ライヴ録音であり、素晴らしい演奏。
録音があまり良くないが。
それに対し、第1巻は80歳前の録音であり、
たどたどしい技巧に失望するし、
老大家らしい味わいも何もない。

このCDだけでなく、最近は
指揮者としても見るべきものがなかったが
要するに、本人が言うとおり、
「自分の引き際を知っている」ということなのだろうし
あれだけの大スターでさえも、
老い、オーラを失うと寂しいものだということを再認識した。
人生、成功しても、はかないものである。

7 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月26日 16:18
    巨匠どころかスターもいない、というのは現在のクラシック愛好家が(私も含めて)スターの誕生を渇望しておらず、現状満足度が高いからではないでしょうか。
    コンサートに行っても、スターの誕生を待ち望む、という雰囲気が感じられないのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月26日 23:48
    > mixiユーザー 
    それはそうかもしれませんね。
    70年代のスター主義、スターの時代が
    あまりにも極端すぎたので、
    その反動みたいなのは、必ず来るでしょう。

    ランランやユジャワンに抵抗を感じる、というのも
    スター主義時代の反動なのかもしれません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月28日 16:03
    突然失礼します。
    確かに巨匠やスターというかカリスマ的な人が不在というか、クラシックの演奏家も多様化が進んでスポットが集中しにくくなったのかなって感じます。
    もしかしたらインターネットをうまいこと使って超有名になる人が登場すればその人が次代のカリスマになるのかもしれません。

    それはそうと個人的には例えばガラコンサート以来、ユリアンナ・アヴデーエワのピアノがとても好きでスター的に思っていたのですが(といってもCDなど買ってませんが)、これもそれでもスターというのは個人内のことになるのでしょうね。
    NHKクラシック音楽館(やその前身番組)などを見て、個人的に最近の指揮者ではファビオ・ルイージなどがとても好きでした、それと老いて指揮がなお成熟したと感じるヘルベルト・ブロムシュテット。

    アシュケナージは私、CD持っているのはチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番ですかね。聴き直してみないとなんとも言えませんが卒なく良い演奏という印象だったような。アルゲリッチのようなわかりやすいパッショネイトな演奏ではなかった記憶。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月29日 16:29
    > mixiユーザー 
    書き込みありがとうございます。

    スターになるというのは、運もだいじですよね。
    今のクラシック界はスターになるきっかけも
    滅多にないんじゃないでしょうか。

    アシュケナージのチャイコンは
    デビュー当時のモノラル録音
    (イワーノフ指揮ソビエト国立管)が
    抒情的な味のある名演でした。
    ステレオの再録音は、マゼールと
    目指すところが違うのか、なんとなく
    合っていないような気がします。



  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月01日 13:05
    はじめまして。昨年還暦を迎えた親父です。
    音楽に関しては無知ですが、好きで聞いております。

    アシュケナージといえば
    ポリーニやアルゲリッチと同様ショパンコンクール出身の
    ピアニストという印象があります。引退をされたのですね。
    彼のCDというとプロコの協奏曲やショスタコのピアノ曲を
    穴埋め的に聞いているくらいです。

    息子がピアノ教室でショパンの曲を習わせていただく機会があり
    アシュケナージの名曲集からの選曲が多かったので、
    そのCDは持っています。

    ポゴレリッチとは違い正当な音楽家というイメージがあります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月01日 20:03
    > mixiユーザー 
    書き込みありがとうございます。
    アシュケナージはレパートリーの広いピアニストですが
    得意なのはロシア物とショパンだと思います。
    展覧会の絵は来日公演でも何回も弾いていました。

    あと、夜のガスパールも良かったですね。
    ポゴレリッチとよく聴き比べたものです。

    確かに正統派ですが、
    技術の高さはハンパないですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年02月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829