mixiユーザー(id:30449688)

2021年08月21日22:19

47 view

千葉真一さんの無念について

 俳優の千葉真一さんが19日午後5時26分、千葉県君津市内の病院で亡くなった。82歳。新型コロナウイルスに感染し、入院していたという。

 所属事務所は「肺炎が悪化したため8日から入院。酸素吸入を続けている状況だったが回復に至りませんでした」と発表した。

 生前、千葉さんは日本の映画界を憂いていた。

「日本の映画製作が衰退したのは事業仕分けが原因だ!」

 日本の映画業界はアジアの中でも中国、韓国におくれを取っていると言われている。国家事業で映画製作に取り組んでいて、文化芸術を「不要不急」とする日本とは雲泥の差だ。千葉さんはそんな日本の映画業界の衰退を10年前から見抜いていた。

 かつて取材に応じた千葉さんは「最近の日本映画はまったくダメになってしまった。それも麻生(太郎)政権から民主党政権になり、映画制作費が減ってしまったからなんだよ。麻生政権は漫画やアニメなど、コンテンツ制作の支援を訴えていた。それが民主党政権になって、いったん白紙に戻された。いまや日本の映画作りは完全に韓国、中国に後れをとっているよ」と嘆いていた。

 当時の民主党政権が打ち出した「事業仕分け」により、映画への助成金が減少したことを指摘していた。

 千葉さんは韓国映画や中国(香港)映画に出演。「撮影の仕方も全くなっていなかったし、楽屋もひどいもんだった。小さい机にテントだよ。吹きさらしのところで着替えたんだ。それがいまや立場逆転。若い人たちが映画を作れる日本になって欲しいね」

 千葉さんの無念は後輩たちが晴らして欲しい。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3538774/

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(私の意見)

事業仕分けというのは民主党政権がやったものですが、黒幕となったのは財務省です。

これは日本の映画界に限ったことではありません。

事業仕分けのような緊縮財政はあらゆる分野で貧乏臭い政策を生み出しています。

経済に対する考え方の間違いを正すことができればあらゆる政策を素晴らしいものに変える事が出来ます。

公共事業も社会保障政策も防衛政策も科学技術振興も素晴らしいものに変える事ができます。

それができない事が非常に残念です。

4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する