ホーム > mixiユーザー(id:302056) > mixiユーザーの日記一覧 > 2019年7月東日本周遊記その4(埼玉・栃木)

mixiユーザー(id:302056)

2019年07月21日14:57

26 view

2019年7月東日本周遊記その4(埼玉・栃木)

 ☆3日目☆
 ホテルを出るとまずは給油。弘前を出てから一切給油をしていませんでした(笑) 719辧35.0L=20.4辧Lほど。んー、自己最高の20.7辧Lには及ばない。もちろんカタログ値(JC08モードで17.8)は大幅に超えていますが(笑) 燃費の自己最高記録更新もこの旅行の裏コンセプトとしてあったのです。首都圏のほうがガソリン代も少し安いように感じました。
フォト

 友人宅へ寄ってピックアップして、今度は北上です。栃木県。当初は新生姜ミュージアムへ直行するつもりでしたが、せっかくだからなあと佐野ラーメンをたべました(写真参照) 佐野ラーメンは喜多方ラーメンっぽいですね。中太のちぢれ麵でした。どぎつい味ではなく、さっぱりとしたしょうゆ味。歳なのかな、最近はこういうさっぱりとしたラーメンのほうがワリと好き。
フォト

 昨年、寄りたいなあと思っていた【三県境】にも寄りました。三つの県の県境なんて日本中に数十カ所あるわけですが、埼玉・栃木・群馬の県境以外の【三県境】は山の中。青森・秋田・岩手の三県境もあるわけですが、八甲田山の山奥でしょう。ここは誰でも気軽に来ることができます。そして、不偏不党を旨としているので、県境で一本立ちしてみました(あほw)
フォト

 【三県境】を目玉とした道の駅きたかわべ……改め道の駅かぞわたらせもあります。もちろん、ひとつの道の駅で三県のお土産を扱っていてお買い得。立地自体は埼玉県(加須市)のようです。何度も来る場所ではないけれど、一回は来てみてもいいかもしれません。話のネタにはなりますし、のどかな雰囲気の場所ですよ(日本中よくある雰囲気かもしれないが)
フォト

 ここからやっと本日のメイン。新生姜ミュージアム。「岩下の新生姜」で有名な岩下食品さんのミュージアムですが、社長さんの趣味が爆裂したカオスな場所です。しばしば音楽イベントも行われており、この日も音楽家・ソンコ・マージュさんのライブが行われていました。結果、駐車場はいっぱいいっぱいでしたね。ミュージアム内も主に高齢の客でにぎわっていました。
フォト

フォト

 クラシックからパンクロック、アイドルまでいろいろな方のイベントがあるようですし、ミュージアム内にもサインやら広告などもあります。もちろん新生姜の製造や会社のなりたちやレシピも紹介されていますが、クレイジー(ほめ言葉)な展示が多すぎで、まともな紹介はちょっと記憶に残っていません(笑)まあ、こんな展示などです……ここはまた訪れたい。
フォト

フォト

 さらに北上して宇都宮市。友人も共に北上中。夜ですからもちろん飲みますので、先にホテルへチェックインして愛車は立体駐車場へイン。都市部へ行くと立体駐車場もありますから、背高な車じゃないほうがいいなーと改めて感じた次第。豪雪地帯住民としては、冬場、背高な車だと猛吹雪で車体が煽られることもあるし、ワゴン車の見た目が好みじゃないのもありますが。
フォト

フォト

 宇都宮=餃子。というわけで、有名店の餃子をまとめていただけるお店へ向かいました。途中、「翔んで埼玉」とコラボしたポスターを発見。「栃木県民にはそこらへんの宇都宮餃子でも食わせておけ!」うん、「草」じゃなくて「餃子」ならいいんじゃね?宇都宮餃子はおいしいし。ツイッターでオススメもあったのですが、確かに「みんみん」の餃子は美味しかったなあ。
フォト

フォト

 そして、ここでも注文できたので、岩下の新生姜を使用した「ピンクジンジャーサワー」も注文。単体ではおいしいですが、やはり生ビールのほうが餃子には合うかなーというのが偽らざる感想。餃子も5個入り一皿で260〜320円ほど。手ごろな値段なのもうれしいですね。俺は3皿も食べてしまいましたよ。お店の前にはかなりの列もできていました。
フォト

 〆にカラオケへ移動して、オッサンコンビは2時間半ほど熱唱。ライブに行ったのもありますから、ミスチル、BUMP、夢アド主体で俺は歌っていました。お互いのホームでもなんでもない宇都宮で熱唱(笑) まあ、それもいいかな。歌い終えると雨が……。再会を期して友人と別れ、彼は新幹線で南下。俺はホテルの部屋へ。まだまだ俺の旅は終わらないのです。
フォト

フォト

4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年07月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031