ホーム > mixiユーザー(id:302056) > mixiユーザーの日記一覧 > 19年ヴィクトリアマイル回顧

mixiユーザー(id:302056)

2019年05月13日00:16

25 view

19年ヴィクトリアマイル回顧

1番人気ラッキーライラック4着/ヴィクトリアM
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=8&from=diary&id=5616216

★ヴィクトリアマイル予想結果★
Bアエロリット……5着
Bレッドオルガ……11着
Bカンタービレ……18着
Bミッキーチャーム8着

 まあ、このあたりに期待して、枠1,4,6,7BOXで軽く勝負したのですが、まったくダメでした……4角あたりではアエロリットの粘りこみ、あとは1,4,7枠の差し込みを期待したのですが、アエロリットは頑張るも粘れず、1,4,7枠は伸びてきませんでした。レーン騎手は連日の重賞勝ち、そして日本での初GI勝ち。勢いが止まりません。勝ち時計も1分30秒5のレコード。馬が……というか騎手と馬場状態がとんでもない。ダビスタかウイポなんですかね、現実なのに(笑)

 ノームコアはハービンジャー産駒というのもそうですし、この馬自身の実績からも府中はこなしても、ベストは中山や福島、あるいは北海道。そんなイメージを持っていたのですが、破格の時計で勝利。馬が本格化してきたのもあるんでしょうが、いい位置に馬を置き、前をとらえて、後ろは封じる。レーン騎手の腕が冴えわたった印象が強い。短期免許には来日条件がありますから、一流しか来られない。それにしても、これほどの腕の騎手、それも若手が、世界にはいるんですね。日本の若手はたまらんでしょうな。

 プリモシーンは最速の上がり、左回りのマイルもあっていると思いますが、勝馬の騎手が絶妙すぎた。クロコスミア・戸崎も味な競馬をしていました。リーディングにこだわらなくなって、去年・今年と戸崎は、大舞台での存在感が逆に増してきた感じがします。石橋もラッキーライラックの競馬をしていたとは思いますが、この馬場でも33.5が限界なのでしょうし、使える脚が長くなさそう。なんていうか、足の使いどころが難しい馬のように思えます。ラッキーライラックから買っていたら、あああ!と思ってしまいますが、石橋修のままのほうが、今後の結果につながる。そんな気がします。

 勝ち時計は異常なレコードタイムの一方で、上がりはプリモシーンの33.0が最速。どれほど馬場が良くても、上がりは馬の限界がある。そうなると、次第にアメリカンなレースが増えていくかもしれません。道中は後方で、なんて悠長なことを考えても、前が止まらない。逃げたアエロリットは0.4差5着ですが、上位馬は中団前よりから上がり33秒台前半。後方にいた馬や、33秒台後半しか出せない馬ではノーチャンスだった。もちろん展開もありますが、オークス、ダービーもこんな馬場なら、後ろの馬はあまり買いたくはない。10番手以内。ダービーポジション。手垢がついたような格言を思い出します。
4 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月13日 16:02
    今回は1秒くらい早いかな?くらいの馬場だったので、まさかの結果に驚いています。
    1分31秒台の決着だろうと思っていたら1分30秒台・・・。馬が壊れちゃいますね。
    VM組はしばらく買わないことに決めました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月13日 16:16
    > mixiユーザー 俺も31秒台、31秒5くらいかと思ったら、1秒も早かったw 21世紀に入り、海外志向が強まる日本競馬ですが、馬場は世界と乖離しすぎのような気がします。96年NHKマイルCでタイキフォーチュンが1分32秒6?4歳(現3歳)なのにマジかよ!とか思ったのを懐かしく思いますw

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する