mixiユーザー(id:297688)

2018年11月12日22:21

72 view

名言を考える(7)

吉田松陰先生の名言の一部を取り上げて
考えてみます。


>人間はみな
 なにほどかの純金を持って生まれている。
 聖人の純金もわれわれの純金も
 変わりはない。

純金を例えたのは
「価値が高いもの」だと言ったんでしょうね。
お金の要る社会では価値を数値で評価します。
この世に価値のないものは存在していません。
価値があるから存在しているんですけどね。
個人的に
要らないものや嫌いなものは価値のないもの。
そう評価しますね。
人や物は適材適所が良い環境を作ります。
「自分探し」をしたい人は自分が何に必要と
されるのかを知る方法の一つだと思う。


>死生は度外に置くべし。
 世人がどう是非を論じようと、
 迷う必要は無い。
 武士の心懐は、
 いかに逆境に遭おうとも、
 爽快でなければならぬ。
 心懐爽快ならば人間やつれることはない。

自分の中にいる本当の自分(魂かもしれません)
が論じたりやりたいことをやっている時は
周りが何を言おうと迷うことはありえないです。
いつまでも若くいられますね。
でも
肉体の老化を止めることは出来ません。(笑)


>今日の読書こそ、
 真の学問である。

今日の読書とは?
今の自分に必要な情報を取り入れること。
そう思います。
必要なときに入れた学問は即効性があります。
学問は活かされて役に立つものですね。


>みだりに人の師となるべからず。
 みだりに人を師とすべからず。

「みだりに」という表現を使っているには
意味があるんでしょうね。
「師」にもいろいろあります。
知らないことを教えてもらう師もいれば
間違いを気付かせてくれる師もいます。
いつまでも師を頼っていると
自分で考え行動することに不安を覚えます。
それは
子どもが親から独立することに似てるかも。


>思想を維持する精神は、
 狂気でなければならない。

コミットという言葉を思い出しました。
環境運動を始めたのが30年前です。
飢餓を無くす活動が26年前です。
その時コミットしました。
「地球を健康にします」と。
それを実現するために
経済活動を止めなきゃムリだと思いました。
そして出来上がったのが
世界平和とお金のない世界実現の提案書です。
「世界平和提案書」
https://plaza.rakuten.co.jp/chienowa/5018/
「ユーチューブ用」
https://www.youtube.com/watch?v=B0F-eObp8UA





2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年11月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

最近の日記

もっと見る