ホーム > mixiユーザー(id:29391142) > mixiユーザーの日記一覧 > ぶっ豚@町田

mixiユーザー(id:29391142)

2020年01月18日01:10

25 view

ぶっ豚@町田

スタジオで個人練習。今年お初のドラム叩き初め。

今日のお題目は、当然のことながらニールパート氏追悼ということで「RUSH」。個人的に黄金期と思っている「2112」から「Power Windows」までのアルバムの中から、ちょこちょことつまむことに。

それにしても、見事なほどに細かい部分を忘れてます(笑)さすがに昔バンドでやったような曲は…と思ったけど、それもかなり「おっとっと」な状態。で、力み過ぎてひさびさにマメ作っちゃいました(照)

まだまだ未熟なワ・タ・シ(←激殴打)

にしても、体の動かし方をすっかり脳が忘れているようで、足のダブルとか、ぎこちないことおびただしい。次は基礎練習から始めないとダメだな(とほほ)

結局2時間、RUSHオンリーな練習になってしまったので、次回こそは、まんべんなく、しっかりとした練習を心掛けよう(爆)

まずは、練習用プレイリストを作るところからはじめようね←メモメモ

閑話休題

ドラムの個人練習後、肌寒い中を練り歩き「ぶっ豚」へ。

途中、あまりの寒さに「おやじ」で味噌…と浮気しかけたが、体調のいい時じゃないと喰えないのだから!と自分に言い聞かせる。

ところが店内に入ると、空調効きまくりで暑い(あぅ)スタッフは半袖Tシャツだからちょうどいいかも知れんが、客の立場からすれば、この暑さがラーメン喰う障害になると思わんのかね?(ぷんぷん)

券売機で「プチラーメン」(\750)を購入し、セルフでお冷を汲んで空いてるカウンター席へ。コールはもちろん「アブラマシマシ」確定。

ほどほど待って登場。プチの割にヤサイは気持ち多め、アブラはしっかり多め(よしよし)豚はやや小ぶり(むむ?)で、脂身もなくしっかり赤身の巻き巻き肉(むむむ?)

卓上の刻みニンニクを一杯乗せてから、おもむろに麺をすする。うん、味がやや濃いめだけど、しっかり美味い。ヤサイをスープに浸し、ニンニクを絡めていただき、さらに麺もリフト。太いのでなかなか持ち上がらないのをググっと引っ張り上げて、ニンニクをまぶすようにして「はむっ」を喰らう。もはや、すするという概念はココにはない(笑)

いつもは最後に取っておく豚だが、今回はミシッとした食感っぽいので、最初からスープに浸しつつ、ほぐして喰らう。麺ブタ、ヤサイ豚、アブラ豚、どの組み合わせも美味いね(にこにこ)

途中で、さらにニンニクを一杯投入して、ヤサイとアブラを喰い切った後は、麺と豚を交互に愉しむ。さらにエンドマークが見えてきた時点で、数回スープをグビッとやる。この時点でヤサイの水分も溶け出してきてるのか、食べ始めた当初のショッパーな感じがだいぶいい感じに変わってきてる。

さすがに完飲は避けて、スープを少し残した時点で終了。ごちそうさまでした。

営業再開の頃は、わりかしお客が戻ってきたように思ったのだが、今日は午後3時の時点で先客後客ともに1人(うーむ)

いろいろ思い当たることはあるが、「豚星」「歩夢」系で行くのであれば、腹をくくって頑張って欲しい。

やるべきことはいろいろあるはず。

初めての客にすすめるのは「小」ではなく「プチ」でしょ。

つけ麺が辛いことも書いてない。

大事なことはただ一つ。お客の目線に立つことを忘れないで欲しい。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する