mixiユーザー(id:293308)

2019年12月15日00:20

57 view

次男の後を追う長兄と三男

フォトフォト
フォトフォト
6011・6012Fの4連新造車が立て続けにデビューして以来、目立った動きを見せていなかった山電ですが、暮れも押し迫る12月に入り、ついに置き換え対象と目されていた二人の老兵に、ラストラン副標が取り付けられました。3050系の長兄3050Fと、三男3054Fです。両者とも、12月16日の運用をもって引退となるようです。(最終日は朝だけ動いて、さっさと東二見に取り込まれるパターンと推測)

山電初の冷房新造車となった3050Fの副標は、いつものラストランとは違うデザインが採用されています。こういう芸の細かさからは、山電スタッフの車両に対するリスペクトがうかがえますね。

3050Fは47歳、3054Fは46歳と半世紀に届かず引退となりますが、半世紀戦士がゴロゴロいてる関西圏の大手私鉄がおかしいだけであって、両者とも大往生と言うにふさわしい年齢と言えるでしょう。

フォト
山電初の冷房車形式、その長兄として長らく山電の「顔」として君臨した3050F。車体更新を受け、まだまだ働く気満々な先輩形式(3000系)がいる中、未更新の「素の」姿のまま山電の鉄路を去ることとなります。

フォトフォト
3050Fとともに、山電の屋台骨を支えてきた三男3054F。次男3052Fが旅立って以降、未更新の両者にとっては常に引退の二文字が付きまとう晩期でした。

フォト
長年山電を支えた誇りと使命を果たし切った満足感漂う表情を浮かべながら、最後の旅路へ出発しようとしている長兄の背中を、どこか寂しげに見つめる弟(3072F)の図。

フォト
3054F「兄貴、そろそろ…いこうか。52兄貴のところへ。」
3050F「…だな。あっちに着いたら、あいつ(3052F)と3人で昔話に花咲かそうや。」

データイムダイヤで12カ所(地下区間除く)存在する普通同士の離合ポイント。しかしながら、駅でピッタリ並ぶポイントは殆どありません。その中でも一番並ぶ可能性の高い山陽垂水で、この去りゆく者同士が並ぶダイヤを引き当てることができたのは、この上ない幸運でした。これでもう、思い残すことはありません。あとはこの二人の功労者が、最後まで無事走り切ってくれることを祈るだけです。

 (と言いつつも、15日の朝もうひと粘りしちゃうかも…?w)
2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月16日 02:49
    今残ってる3000系初期は冷房改造の時に鋼体強化してるのと違って未更新で、かつ鋼製なので状態は意外と悪いって話はありましたし、3000系初期と違ってリニューアルの対象からも漏れたのが明暗を分けたのでしょうか

    一方ひっそり2次アルミのTも落ちててこちらはさよならイベントすらないのがまた
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月17日 21:54
    > 藤枝提督 2次アルミのTといいますと、3076・78Fに挟まってた3000・02Fの忘れ形見のことですかね? たしかに両方とも気が付けば3連になってて、一時的なのか恒久的なのか気になってました。まあ、いつ落とされてもおかしくない代物ではありましたが。そういえば、3032Fも3連に減車されてずっとそのままですね。わざわざ3022Fを組み替えて残したT車も、そのまま解体コースなのでしょうか…。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する