ホーム > mixiユーザー(id:292970) > mixiユーザーの日記一覧 > 生物は皆同じ。

mixiユーザー(id:292970)

2016年10月14日10:09

216 view

生物は皆同じ。

経済的に大変、自信がない…子供がいらない理由の本音
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=125&from=diary&id=4239308

自分の命が脅かされてるのに後世に子供を残そうとするかな?子作りってある程度
余裕が無ければ出来ない行為だと思う。

後世に命を繋ぎたいってのは生物の本能だが本能を殺ぐ程の過酷な生活を強いら
れた立場の人はまず自分が生きるのが先なのだと思う。

別のニュースでゴリラの母親が亡くなった我が子を離さないニュースがあったが、あ
れも衣食住全てが満たされてるからであって、母親を餓死寸前に追い込んだらあの
現象は起きないと思う。

我が子は可愛い、本来はそれが当たり前。でも半端無いストレスをかければ状況は
変わると思う。

植物が種を残す為には親株が栄養が無いと花を咲かす事も出来ないし、私が物凄く
感心したのはシャコバサボテンが枯れかかると気根を出して分離しようとする。身軽
になっても生きようとする様は本来は見習わなければならないものだと・・・。

子供が居る事によって得られる幸福は当然あるだろう。でも子供が居る事によって生
きるのが困難な事態に追い込まれた時に子供を守れるのかで親の資質が問われる。

実際に餓死寸前まで追い込まれた時に子供に食べ物を分け与え、自分は栄養失調
になった自分は育児が出来ない状態でも子殺しだけはしなかった。毎日、毎日、今日
は子供を殺してしまうかもしれないと思いながら暮らした結果、助けを求めたのが児童
相談所だった。

そこで母親自らの通報は珍しいと言われ、時間がかかるが状況が好転すれば子育て
が出来るようになるからと言われ精神の治療に励んで十数年の月日が流れ、長女は
成人するまでになった。

でも長女はADHDのボーダーと愛着障害を起こし生き辛さに苦しんでる。自分の念の為
に調べたらADHDのボーダーだと判明して障害者が障害児を育てる難しさを目の当たり
にしてる。

人にはそれぞれ事情がある。もし自分が子供を産む前に発達障害だと解ってたら子供
を産む選択をしなかったと思う。でも今居る我が子を否定するのではなく、可愛い我が子
だからこそ苦しませたくないという思い。

だけど実際に産まれてきてくれたのだから、我が子が生き易くするようにしてあげるのが
親の務めだと思う。そして兄弟児と呼ばれる次女も幸せになれるように考えてあげて姉妹
が手を取り合って助け合えるように・・・自立させるようにするのが自分の生涯の勤めだと
思う。

子供には恵まれたがそれ以外の物は手に入らなかった。健康も子供や家族以外からの
愛情も仕事も・・・。それでも子育てが終わってもギリギリの40代。自分の人生を切り開く
のは自分。子育てが終わったら今迄以上に仕事に取り組んで、人見知りな自分を治して
交友関係を広げ豊かな人生を歩みたい。

そして死ぬ時に苦労が多かったけど良い人生だなって思えるようにしたい、そしてやはり
子供を産んでおいて良かったなと確信が持てるように生きていきたい。

ただね、子供を授かる授からないなんてのは人それぞれなのだから他人様の生き方に
口を挟む人間にはなりたくないと思う。子供が居なくても生き生きとしてる人達を見てると
あ〜いう生き方も素敵だなって思えるし。

独身の稼ぐ方達は税金を沢山払ってるわけだし社会貢献してるでしょ?まぁ私は微々た
る金額しか支払えないので、私が産んだ我が子達が立派な納税者になるように教育を
受けさせないとなぁ・・・って思うし、自分も少しでも努力して健康になって今まで受けた恩
を返せるようになれればなって漠然と思ってる。

多様化社会だからこそ人それぞれの生き方を尊重出来ると良いなって思うんだよね。
1 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年10月14日 12:24
    ニュースから失礼します。

    冒頭の「自分の命が脅かされてるのに〜」の部分ですが、実際は全く逆ですよ。
    生き物は自分の命が脅かされてる時こそ本能的に子孫を残そうとするように出来てます。
    アフリカなどの飢餓地域で、今日食べるものもないのに子供をつくるのはその本能によるものです。
    飢餓地域に限らず世界では貧困国ほど子沢山の傾向があります。

    日本国内でも若くして結婚した低所得層の夫婦の方が子沢山です。

    要するに、経済的理由で子供をつくらないというのは言い訳であり甘えなんですよね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年10月14日 22:01
    もーみん様、初めまして、コメ有難う御座います。
    アフリカなどの飢餓地域の方々は単に避妊具の入手が不可能だったり宗教的
    な理由で堕胎が認められていないとか、医療技術としての堕胎に危険があるの
    が子沢山な理由なのかと思ってました。後は成人するまでに育つ子供の数が少
    ないので子沢山な方が生き残る子供が増えるという考え方なのかな?と・・・。

    低所得者層の子沢山は本当に不思議です。何故育てられないのが解ってるの
    に産めるのか・・・。それでも逞しく生きている人達が居る以上は産めば生きるだ
    けなら何とかなるのでは?と思いますが今の日本だと貧困スパイラルに陥る可
    能性が高いですよね。

    経済的理由で子供をつくらないのは言い訳とか甘えとか仰ってますが、子供を
    産む、産まないって選択は本人の自由だと思いますので甘えとかって変じゃな
    いですか?そもそも子供を産むって行為自体が親の自己満足だと思ってます
    ので考え方の相違かもしれませんが・・・。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年10月16日 14:44
    > mixiユーザー 
    いやいや、甘えですよ。

    何故なら、子孫を残すという生物共通の本能に逆らってまでして子供をつくらないことで、様々な責任から逃れているからです。

    子供をつくるということは、子供の将来を背負うことであり、社会の将来を背負うということです。

    子供をつくらなければ自分が生きてる間だけ、自分が困らないように生きていけばいいし、万が一自分が生きるのに困ったとしても自分が死んでしまえばそれで終わりです。

    でも子供が居るとそうはいかない。

    子供を持つと自分が死んだ後の超超高齢化社会も他人事じゃないし、ましてや今の少子化にも無関心では居られない。
    だから自ずと少しでも良い社会環境をバトンタッチできるように務めるわけです。


    よそ様の子供たちの未来の為に、自分は子供を作らないでおこう。というのなら話は別ですけどね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する