mixiユーザー(id:29290635)

2020年10月18日17:49

11 view

山中惇史&山本葵 新しい演奏会のかたち ハープ太田咲耶を迎えて

10月18日

今日は 岡崎市シビックセンターのコンサートホール コロネットの コンサートに出かけた。
コンサートというものに出かけたのは、2月のバンドネオンの三浦一馬とのジョイントコンサート以来で 8か月ぶりだった。

久しぶりのコンサートだったが、新型コロナウイルス感染症対策で 客席は 四方(前後左右)を1席ずつ空け、収容定員の半分以下、マスク着用、会話を控えるようにというアナウンス、トイレの分散利用のお願いというアナウンスもあり、入場時の検温、チケットのもぎりも 自分で チケットを切って 入口の人に渡すといったかたちで、以前のコンサートとはすっかり変わってしまっていた。「当ホールは外気を含んだ換気を常時行っております。」というアナウンスもしょっちゅう言っていた。
また、CDの販売が無くなり、演奏後のサイン会も無くなった。何だか寂しい。

それでも生の演奏を聴くというのは良かった。
ハープの音なんて、あまり聞いたことが無かったから、良かった。

今日のプログラムは

ベートーヴェン ピアノソナタ第8番 ハ短調 Op.13「悲愴」

ヴィドール  組曲Op・34

ビゼー「アルルの女」よりメヌエット  

ルニエ 黙想

フォーレ ファンタジーOp.79

モーツァルト  フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299より第1楽章

山中淳史のトークが 上手で 良かった。

フルートも素敵だった!

今日の演奏会はオンライン鑑賞ができるらしく、オンライン鑑賞券1000円ということで、配信開始が 10月31日14時に公開だそうだ。11月16日 14時に配信終了
どれくらいの人が オンライン鑑賞するのかな?


2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する