mixiユーザー(id:29290635)

2020年08月28日21:52

10 view

映画「糸」

8月28日

今日は、半年ぶりに 映画館で映画「糸」を観た。

思い出してみれば、2月に シネマ歌舞伎「風の谷のナウシカ」を観てから、映画館で 映画を観なかった。

映画館は、密になるので、怖いかな。と、思っていたら、実験で 20分で空気が入れ替わるという映像が出てきて、安心できた。

「糸」という映画は、一言でいえば、恋愛映画だった。

私としては珍しいことで、恋愛映画というものをほとんど観てこなかった。

最近、菅田将暉が よくテレビに出ていて、それは映画の宣伝の為だったりするのだが、ちょっと観てみたいという気になった。

菅田将暉は、いろんな役ができる人で、こういう普通の人の役もやるんだな。と、思った。

久しぶりに映画を観て、泣いてしまった。

菅田将暉が演じた人の優しさが 心にしみた。

自分が 辛い時でも、他人に「大丈夫?」と声をかける姿に ぐっときた。

初恋の人を想い続けていても、どうにもならない感じだった。

すれ違いの人生かな。と、思った。

せつない恋心。

初恋は実らぬものとあきらめて、違う人と結婚することは、よくあること。

子供が生まれて、良いお父さんになった姿があり、菅田将暉は お父さん役も似合っているなあ。と、思った。

映画の中で 中島みゆきが歌う「糸」やら カラオケで出演者が歌う「ファイト!」が出てきて、劇中の物語とリンクしていて 印象に残った。

舞台が北海道の美瑛、札幌、東京、シンガポール、函館と目まぐるしく変わり、中学の頃、社会人になった頃など 月日が 変わっていく。

途中で 3.11が出てきたり、平成最後の日も出てきた。

平成最後の日は、私は 日本にいなかったので、こんな風に カウントダウンをしていたとは知らなかった。

あの時は、1週間くらい休みだったので、ロンドンに行ったのを思い出すが、たった1年くらい前のことが 今となっては 随分昔のことのような気がする。

外国どころか東京でさえも、今では出かけられなくなった。


3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する