mixiユーザー(id:29290635)

2019年06月16日15:21

77 view

「ガラスと陶器に描かれた昆虫と動物たち」・・・大一美術館

11月10日まで 開催されている展覧会を観てきた。

大一美術館は エミール・ガレや ドーム兄弟、チフーリなどを展示している美術館で、
私のお気に入りの美術館である。


アール・ヌーヴォーはフランス語で「新しい芸術」という意味です。
昆虫や動物など、伝統的な芸術では主題とならなかった身近な生物に目を向け、モチーフとしました。
特に「トンボ」は日本芸術の象徴としてとらえられ、アール・ヌーヴォーの作品にしばしば登場します。
今展ではガレ、ドームの作品の中から、昆虫と動物の作品を特集いたします。
自然の息吹をご鑑賞下さい。

ガレの作品は好きだが、陶器の作品よりもガラスの作品の方が 良いな。と、思う。

今回の展示は 陶器の作品が中心だった。

ガラスの作品はドーム兄弟ばかりだった。

2階の展示はチフーリの作品で、チフーリの作品は大きな作品の方が良いなあ。と、思った。

また、特別展示として、日本画家 片岡球子の絵が4枚展示されていた。

片岡球子の描く富士山の絵は、独特だ。

力強い感じがする富士山で、強烈!

富士山と共に描かれた花も生命力にあふれている。

チフーリの作品と共に 片岡球子の日本画まで観れるとは、何だか得した気分だった。

それを閉館時間ぎりぎりの時間で、一人で 鑑賞していた私は、とても贅沢な時間を過ごさせてもらった。
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する