mixiユーザー(id:29290635)

2019年02月13日17:32

82 view

日展 名古屋展

三越で 食べた後、日展を観に 愛知県美術館に行った。

日展 名古屋展は、去年は 開催されず、2年ぶりだった。

今年から 日展で 作品の写真を撮っても良いことになり、デジカメで 気に入った作品を撮ることにした。

長谷川喜久氏の「白映に赤」という作品は、東京都知事賞を受賞していて、白い川の飛沫と赤い曼珠沙華が一面に生えていて、そのコントラストが美しく、インパクトがあった。
長谷川氏が 午後2時から ギャラリートークをするというので、その時間まで待った。

印象に残った作品は、櫻井伸浩氏の「光の影」・・・鳥が6羽いて、紫陽花や植物の配置や色が素敵だった。

小林理恵氏「横浜夕景29・観覧車」・・・とても個性的な絵に思えた。

藤森兼明氏「黒のマニスクリプトへのオマージュ」・・・白いドレスに赤いものを羽織った女性が座り、周りが金色で、まるで宗教画のような作品。藤森氏の作品は 毎回 こんな感じの絵だ。

中山忠彦氏「繍衣立像」・・・クラッシックなドレスを着た女性が傘と上着を持って立っている。上品な感じがする。

曽剣雄氏「静寂」・・・・お坊さんが瞑想している。上に雲が浮かんでいる。写実的な絵。
福井欧夏氏「花の装い」・・・花柄のドレスを着た女性がベッドに座っていて、髪をかき上げている 清楚な感じ

山本眞輔氏「心の旅ー光の舞」・・・軽やかな女性の彫刻  美しい!


2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する