mixiユーザー(id:29290635)

2018年05月25日20:59

75 view

2018年 第2回  東京美術館巡り(その3)

国立近代美術館 工芸館


明治時代、その優れた技術によって帝室技芸員に任命された鈴木長吉(1848-1919)。当館所蔵の《十二の鷹》は彼の代表作の一つで、1893年アメリカ開催されたシカゴ・コロンブス世界博覧会で発表されました。古来より武将たちが好んで行った鷹狩りで用いられる鷹をモチーフに、本物と見紛うリアルな表現と、金、銀、銅、赤銅、四分一といった金属の色を巧みにちりばめた華やかさで、世界の人々を驚かせました。

当館では、数年をかけてこの《十二の鷹》の修復に取り組んできましたが、このたび修復後初のお披露目をいたします。長らく失われていた鉾垂れ(鷹の止まり木に使用される装飾布)も復元され、発表当初の鮮やかな色合いがよみがえりました。「明治150年」にもちなみ、本展では、高い技術力と表現力を兼ね備え明治の精神を今に伝える名工たちの作品もあわせてご覧いただきます。現代の工芸作品も含めた当館所蔵作品約100点を通して、技と表現が現代にいかに継承されたのか、その展開を探ります。

修復後初の一挙公開!《十二の鷹》



鈴木長吉《十二の鷹》1893年


鷹狩りに用いられる鷹をモデルにした《十二の鷹》は、明治の美術商・林忠正の発注で、制作されたものです。作者である金工家・鈴木長吉は、実際に鷹を飼って写生したり、古い絵画や史料を調べたり、その準備に4年の歳月を費やしたといいます。確かな観察眼によって追及されたリアリティは、羽毛の細かな質感だけでなく、翼を広げた勇ましい姿、爪先を咥えるしぐさ、獲物をにらみつける鋭い視線など、12羽それぞれの、生き生きとした動きに表れています。

一体ずつ近づいて見てみると、羽毛に残された鏨(たがね)の跡から、さまざまな道具が使い分けられていたことが分かります。切り嵌め象嵌によって、金と真鍮が使い分けられた眼球、くちばしの先に漆を用いるこだわりなど、見どころは尽きません。


技の最高峰ー帝室技芸員と同時代の作家たち



初代宮川香山《鳩桜花図高浮彫花瓶》1871-82年頃


京薩摩風の華やかな色彩を背景に、精細な高浮彫りで立体的に表された桜花と鳩の姿。よく見ると、鳩の視線の先には雛鳥を抱えた巣があるのがわかります。作者の初代宮川香山は、鈴木長吉と同じく帝室技芸員として活躍した明治の工芸家で、その作品は、自身の窯の名前をとって「マクズ・ウェア」とよばれ、海外でも珍重されました。

各国の万博で紹介され、輸出品としての需要が増加したこともあり、明治時代は工芸を芸術へ昇華させようという気運が高まりをみせた時代でもあります。



二十代堆朱楊成《彫漆六華式平卓》1915年


その刺激を受けた工芸家たちは、伝統と西洋文化の融合によって工芸に新しい視点を見出そうと挑戦を続けます。絵画をはじめ幅広い美術的素養により、唐物中心の技法からの脱却をめざした二十代堆朱楊成や、漆芸に科学的視点からアプローチした六角紫水など、明治から大正にかけて活躍した彼らの表現は、後の世代にも大きな影響を残しました。


「横山大観展」の後、常設展を観てから工芸館に向かった。

「十二の鷹」は、とても写実的な彫刻だった。

ここに観に来ている人々は、写真を撮ったり、説明書きを読んだりして熱心に観ていた。

私は 写真は撮らず、また 説明書きも読まず、実物だけを さっと観た。

疲れすぎていて、じっくり観る元気は無かった。

3 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月26日 22:15
    十二の鷹は、かなり力作でしたねわーい(嬉しい顔)

    桜の咲く時期に見て、日記には書き忘れていましたが…かなり見応えがある、企画展でしたねわーい(嬉しい顔)

    リマインドありがとうございます。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する