mixiユーザー(id:29290635)

2017年04月30日20:57

322 view

大一美術館 コレクション名品展  「2大巨匠 名品との出会い」

4月29日

この美術館は エミール・ガレの展示とデイル・チフーリのオブジェの展示がある。

今回は ピエール・オーギュスト・ルノワールの所蔵2作品の展示もあり、「ビスケットを持つ幼児」と
「帽子をかぶった少女」というような題名のものだった。

「帽子をかぶった女」という作品は、東京上野の国立西洋美術館に所蔵のものと似ていた。

似たような作品があるものだな。と、思った。

エミール・ガレの作品は、とにかく美しくて、目の保養になる。

たまに百貨店でガレの作品を売っているが、小さなものでも100万円くらいはするので、美術館で見られるこんな大きな作品は、買ったら何千万くらいするのか分からない。

見せてもらえるだけで良いです。



この日は、チャリティー絵画展も観に行ったが、勿論 買う気は無くて、どんなものを売っているのかな。という興味だけで行った。

ピカソの版画もあって、熱心にそれを勧めている女性がいた。

ピカソの落書きみたいな ほんの小さな作品でも こんな値段なのか。と、思った。

500万円以上する絵が 300万円台で売っていたりしたが、絵の値段は分からないなあ。と、思った。

どこが500万円で それが300万円で売っているのか全然分からない。

これが現代アートになると、何億円とかするらしいから ますます分からない世界だ。

こんな絵を買って、どこに飾るのかな。

大体 聞いたことがあったり 観たことがある画家の絵ばかりだった。

つい絵と値段を見比べてしまう。

田村能里子の絵もあったりして、やはこういう絵なんだ。と、思った。



5 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月09日 19:04
    チフーリの配色好きです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する