mixiユーザー(id:29290635)

2017年04月18日07:57

895 view

映画「女体」(1969年) 増村保造監督作品

桑山美術館の後、名古屋駅に戻って、またシネマスコーレで映画を観た。

1969年の「女体」という映画を観ようと思ったのは、浅丘ルリ子が主演していて、チラシには「女豹のように激しく、一途に愛を求める女を描くラブストーリー」と書いてあった。

浅丘ルリ子さんの若い頃の映画を これまで観たことがない。

どんな女優さんだったのかな。と、思った。

映画を観て、浅丘ルリ子の魅力に惹き込まれてしまった。

こんな風に 近寄ってくる女がいたら、男だったら誰でも 惚れてしまいそうだ。

映画の中で、この女の為に家庭を捨て、仕事も捨て、殺人まで犯してしまう男が登場したが、それほどの魅力があった。

すぐに好きになってしまってどうしようもなくなり、夜中でも男の家に押しかけたり、仕事場に押しかけてしまう女。

相手に奥さんがいようと、婚約者がいても関係ない。
自分が好きで、その男に抱かれたい。そんな一途な女が この世の中にいるのかなあ?

浅丘ルリ子さんの肉体は スリムで、肉感的ではないが、ものすごく情熱的で人を魅了してやまない感じだった。

こんな映画を 撮っていたんだなあ!と、思った。

ちなみにこの映画を観に来ているお客さんは、9割以上は 男性であったが、女の私でもメロメロになりそうだった。
4 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年04月18日 21:48
    若尾文子と同様に、浅丘ルリ子も良いですよね。
    『赤いハンカチ』『憎いあンちくしょう』『銀座の恋の物語』といった、1960年代前半の浅丘ルリ子は素晴らしいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年04月18日 22:05
    > mixiユーザー 
    コメントありがとうございます。私は 初めて 浅丘ルリ子さんの映画を観ました。あまりに魅力的でビックリしました!

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する