mixiユーザー(id:29290635)

2016年10月12日09:36

224 view

あいちトリエンナーレのパフォーマンス(3)・・・面白い会場入り

いよいよ会場に入る頃になったら、女性二人が 台所で 包丁を切るパフォーマンスが始まった。

会場の入り口に屋台のようなものが作ってあり、そこに人形の手や足などが吊るしてあった。

最初にそれを見た時は、「何だろう?」と思って 写真に撮っていた。

そしたら、歌いだして、クッキングの真似をし始めた。

紙コップに人形の髪の毛を入れた物をお客さんに渡して「カンパイ!」というような感じのことをしたりしていた。

でも、それは会場にお客さんを 10人ずつ入れる為のパフォーマンスで、10数えると、入り口が開いてその人数を入れて、また閉じた。

それを繰り返しながら、お客さんの会場入りをした。

スペイン語で数えていた。

お客さんの会場入りを こんなに楽しく行うとは 凄いエンターテイメントだなあ!と、感心しながら会場に入れるのを待っていた。

会場にすぐに入れるかと思ったら、テントに入れられた。

そこは真っ暗で 「何だろう?」と、思っていたら、何と天井から人がぶら下がってこちらを見た。

あ〜。 ビックリした!!

その暗いテントを出たら、今度は上から声がする。

見たら、上に 角のついた帽子をかぶった大男が 大きな声で 叫んでいた!

歓迎の挨拶をしているようだ。

会場は原っぱで 木の柵があるだけなので、柵に向かって歩いて、適当な場所に 座った。

落ち着いたと思ったら、上半身裸の男がぬっと目の前に立っていて、木魚ではないが、あの仏壇で「チーン!」と音のするものを叩いて、それからお辞儀した。

私は まさかの出来事に驚きすぎて 何のリアクションもできなかったが、その姿を拝む女性もいて、そのリアクションの素早さに 感心した。

その男はなかなかイケメンだった。

後から その男は 歌を歌う人だと分かった。

これまでいろいろパフォーマンスを見てきたが、公演の1時間前から 楽しめて、結局午後3時までたっぷり楽しめたものだったので、大満足だった。

詳しいパフォーマンスの様子については、次の日記で。



2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する