mixiユーザー(id:29290635)

2016年01月28日21:28

222 view

「とりあえず お父さん」…東海市芸術劇場

昨日、東海市芸術劇場で芝居を観た。

3カ月前にチケットを買って、楽しみにしていた芝居である。

藤原竜也が出演する舞台は、この頃名古屋公演が無くて、随分寂しかった。

東海市芸術劇場なんて、初めて行った場所であり、名鉄の太田川駅で降りるのも 初めてだった。。

太田川の駅は、特急や急行も停まる駅なので、きっと駅の周辺に飲食店が多いだろうと思っていたが、実際は 全然違った。

駅の周辺は、駐車場ばかりで、やっと見つけた店は、定休日だったり、飲み屋と焼肉屋くらいしか見当たらなかった。

仕方がないので、飲み屋で 日本酒をお銚子一本注文し、チャーハン、枝豆、焼き鳥を食べた。

女一人で飲み屋に入るのは、随分 勇気が要ったが、仕方ない。

芝居を観る前に 何か食べなくては。と、思った。

和食の店を見つけたのだが、予約なしではダメだと言われて、寒風の中、店の前で30分も待ったあげくのことで、飲み屋に行くことにしたのだった。

「もう2度と太田川では食べない。」と、思った。

藤原竜也の芝居は、「身毒丸(しんとくまる)」や、「ロミオとジュリエット」「かもめ」(チェーホフ作)
ギリシャ悲劇、「四谷怪談」「木の上の兵隊」「近代能楽集」「エレファントマン」を観に行っている。

今回の芝居は どういう芝居か知らなかったが、これまで重いテーマの芝居が多かったので、そういう芝居なのかと思っていた。

しかし、この芝居はコメディーだった。

まさか、こういう芝居だとは思いも寄らなかった。

この芝居の冒頭で、裸でベッドに寝ていた男が 電話の音で目が覚めて、電話に出る場面が出てきた。

竜也が上半身裸で起き上がって、下半身はシーツを巻いた状態なのに、驚いた。

これはイギリスが舞台になっていて、翻訳劇だった。

私は、どうも 日本人が「ジーニー」だの「ポール」だのと呼び合うのは 違和感がある。

本仮屋ユイカの声が かん高くて、聞きづらかった。

浅野ゆう子さんは、さすがに存在感のある女優であった。

柄本明は、少し変な男の役だった。

芝居が進むにつれ、「そういうことだったのか。」と、分かってきた。

でも、翻訳劇なので、日本人の感覚とは違うなあ。と、思った。







3 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月28日 21:35
    私は今日、観ました。(・・;)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月28日 21:50
    追進、劇場の中に食べるところがたくさんあります。(・・;)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月29日 03:37
    大学1年の夏休み、初めての学生バイトで、太田川駅電車から徒歩20分くらいあったパチンコの景品交換所に通っていたことがあります。
    名古屋で警察官をやっていた伯父さんの紹介で、ボールペンえんぴつとかが入った小箱の、汚れたセロハンを剥がして新しいセロハンに巻き替えるという手作業でした。
    犬山から太田川までの1〜2ヶ月分の定期代も出してくれました。結構な金額だったと思います。
    警察官も、その頃は、色々、顔が効いたんですねウッシッシ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月29日 06:55
    初めて太田川に行ったのですが、金山から普通電車に乗ると、40分以上もかかったのに、特急では12分くらいでした。
    随分 違うんだな。と、思いました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する