mixiユーザー(id:29290635)

2016年01月20日19:53

300 view

映画「滝の白糸」(1956年)

こんな雪の日なのに、私は名古屋に出掛けた。

というのは、若尾文子の映画が観たかったからである。

泉鏡花作 「滝の白糸」は、以前から 観たいと思っていた作品であった。

若尾文子さんなら、絶対に美しい姿が見えるので、間違いない作品ではないかと思っていた。


「滝の白糸」のストーリーは知らないが、泉鏡花の作品だったら 美しいものに違いないと思った。

旅芸人の太夫の役で、「水芸」をやっている場面が出てきて、それは美しかった!

多分 若尾文子さんが20代くらいの作品なのだろうと思われた。

沢村貞子の 舞台上の口上が 見事で、また太夫を支える姉御の感じで、良かった!

どういう話かと思っていたら、ハッピーエンドだったので、良かった。

もしかしたら 悲劇的な話になるのかと思ったが、こういう話だったのか。

少し拍子抜けした。
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する