mixiユーザー(id:29290635)

2015年08月19日19:20

230 view

ウィーン観光(最終日)

8月14日(晴れ)

いよいよウィーン観光の最終日になった。

この日は、まず いつも朝食で見ていたシュテファン寺院に行った。

なかなか立派な教会だ。

北塔のエレベーターに乗って、ウィーンの街を 一望した。

一体、いつの時代のエレベーターなのか分からないが、係の人が 操作しないと動かないものだった。

上ったら、誰かが上ってくるまでは 降りられなかった。

5.5ユーロもしたが、写真を撮ったくらいで わりとすぐに降りた。


それから、新王宮の古楽器コレクション、狩猟・武器コレクション、エフェソス博物館に行った。

共通で14ユーロだった。

古楽器コレクションは、なかなか見応えがあった。

さすがに「音楽の都」である。

楽器も 鍵盤楽器から ヴァイオリン、ハープの類、トランペットのようなものなど、いろいろあって、音声ガイドは 英語とドイツ語しかなかったが、音声マークの付いた場所では、その楽器の
音色を聴くことができた。

説明は あまり分からなかったが、音色が 聞けて良かった。

シューベルトの使っていた鍵盤楽器など展示されていた。

昼過ぎになったので、近くのお土産屋で サンドイッチを買って そこで食べた。

カフェに入るよりも 安上がりで 時間も 短縮できた。

甲冑の展示は さらっと見た。

14ユーロのこのチケットは、何と 美術史博物館と王宮宝物館にも入れたのだった。

そのことを最終日になって分かった。

せっかくなので、再び 美術史博物館に行った。

今度は 絵の展示の部分だけを 確認のために観た。

フェルメールの「絵画芸術」、ルーベンス、ラファエロの「草原の聖母」などを再び観た。

王宮宝物館も 観た。


4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する