mixiユーザー(id:29290635)

2015年08月19日10:11

350 view

ウィーン観光≪2日目)

8月10日 (晴れ)

ウィーンは、最高気温が36度だとテレビで言っていた。

暑い!

それでも、観光するぞ。

ベルヴェデーレ宮殿に行った。

ホテルのフロントの人に ベルヴェデーレの行き方を聞いて 出発!

オペラ座まで歩いて行って、そこからトラムDに乗った。

案外 早く着いてしまい、30分以上も 外で 待っていた。

ここも開館が10時だった。

9時45分くらいにチケット売り場が開いて、早速 オイゲン公チケットを買った。

そのチケットは、「上宮、下宮、オイゲン公の冬の宮殿」のセットのチケットである。(26ユーロ)

「オイゲン公の冬の宮殿」のことについては、インターネットで調べていたので、ぜひとも行ってみたいと思っていた。


10時の開館を目指して、多くの人が集まっていた。

開館と同時に中に入って、せっかくなので、最上階の展示から観て行った。

最上階には、印象派の絵画が展示されていたり、新古典主義の絵画、ロマン主義の絵画などで、美しい、いかにも宮殿にふさわしい絵が展示されていた。

ルノアールの絵とクールベの「負傷兵」の絵が 印象に残った。

多くの人は、最上階まで観に行かないので、ほとんど貸し切り状態で観た。

多くの人(団体を含む)は、何と言っても クリムトの「接吻」の展示してある階だけで帰ってしまった。

さすがにクリムトの絵は 金で ピカピカに光っていた。

金が盛り上がっていたので、金箔を 上から貼っているのかな。と、思った。

多くの人は その絵がお目当てなので、人が群がっていた。

クリムトの「接吻」の他には、「水蛇」「ユディト」「フリッツァ・リードラーの肖像」「アダムとイブ」
「花嫁」(未完)、「ソニア・クニプス」、風景画も観た。

クリムトの作品のオンパレードだった。ここは写真撮影禁止だった。

また、エゴン・シーレの作品もいろいろ観た。シーレは「抱擁」「死と乙女」「家族」などを観た。

この美術館で、ダヴィッドの「サン・ベルナール峠のナポレオン」の絵を観た。

ナポレオンが白馬にまたがり、赤いマントを翻してアルプス山脈を越えようとする姿を描いた、あの有名な絵である。

こんなに大きな絵だったのか!ナポレオンは かっこいいなあ!

ここでは、日本語の図録を売っていたので買った。(14.9ユーロ)

中世のキリスト教の美術や モダニズムの絵の展示も観た。

上宮の 隅から隅まで全部観た。

それでも、1時間半くらいで観た。ここの中のカフェは、オイゲン公とその奥さんの肖像画なのかが飾ってあって、宮殿の雰囲気を 味わいながら 軽食を食べた。

こんな雰囲気の場所で カフェが楽しめるとは、何と贅沢なことだろう!

下宮にも行ったが、そこは大した展示ではなかった。現代アートの展示で、展示物も少なく、あっという間に観た。















4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する