mixiユーザー(id:29290635)

2015年06月27日09:43

129 view

映画が そんなに不調なのか?

1年以内に映画館に行った人は全体の35.9%…減少傾向の中でも最も低い数字に
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=14&from=diary&id=3487081


今年1月〜6月までに 私が観た映画は次のようであった。

1.「みんなのアムステルダム国立美術館へ」

2.「ST 赤と白の捜査ファイル」

3.シネマ歌舞伎「二人藤娘・日本振袖始」

4.「ナショナルギャラリー 英国の至宝」

5.「「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」

6.「華氏451」 フランソワ・トリュフォー(1966年)

7.「ヴァチカン美術館 天国への入り口」

8.シネマ歌舞伎「野田版 鼠小僧」

9.「マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ」

10。ゲキ・シネ「阿修羅の瞳 2013」

11.ゲキ・シネ・「蒼の乱」

12.グランドシネマ「日本橋」

13.シネマ歌舞伎「京鹿子娘二人道成寺」

14.「ジェームス ブラウン」

このラインナップを見て、どう思われるか分からないが、その時に「観たい」と思った映画を観に行った結果が このようであった。

この中で、地元で観られる映画が 2.と5.しかなく、他の映画は 名古屋まで出かけて行った。

自分の仕事の都合もあるから、観たい映画を 全部観たわけではないが、この半年は、映画と美術館とセットで名古屋に出かけていた。

観たい映画と自分の都合がつけば、これからも 自分の好きなように観ていくつもりである。



2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する