mixiユーザー(id:29290635)

2015年06月14日15:34

725 view

ちゃんこDINING琴

豊川市桜ケ丘ミュージアムの後、豊橋の駅前まで行った。

「ちゃんこ鍋」が食べたくて、いろいろ調べたら、3軒くらい豊橋にあることが分かった。

「ちゃんこDINING琴」は、佐渡ヶ嶽部屋の力士だった人の店である。

佐渡ヶ嶽部屋といえば、琴の若、琴光喜などがいた。

琴光喜は、岡崎市出身で 大関までなった人であったが、野球賭博で 除籍され、もしかしたら

大相撲の歴史から排除され、始めからいなかった人になったのかもしれない。

1回 優勝までした人だったが、その優勝すらも抹消された。

そのことがあって、私は 大相撲ファンを卒業した。

それまでは、平成元年くらいから、巡業や 大相撲トーナメント、名古屋場所、若乃花が新横綱だった場所には 東京まで本場所を観に行ったほどの大ファンであった。

それが、ぱったり大相撲ファンを辞めて、もう何年になるのか。

それでも、たまに「ちゃんこ鍋」を食べたくなり、調べてみたら、何と 豊橋にちゃんこ屋があることを知って、美術館の帰りに 行ってみることになった。

連れも 「豊橋と軍隊展」は観たがったので、二人で出かけた。

ちゃんこ屋は、さすがに一人では行けない。

日本酒も 飲みたい。

連れは、ウーロン茶で がまんしてもらって、一人で 小徳利を注文した。

ちゃんこ鍋は、醤油味≪2人前)を注文して、(1人前 税別1600円だった)、ドスコイサラダ(480円)

おまかせ串 (6本 820円)も 食べた。

ちゃんこ鍋は 美味しかったし、串も 良かった。

ライスを 1人前注文して それを 鍋に入れて 食べた。

二人で ライスを1人前で 丁度良かった。

全部で 7000円くらいの会計だった。

店は、新しそうな感じだった。豊橋駅から 徒歩5分と書いてあったが、随分歩いた。

豊橋市広小路2−30−1

カウンターには、サイン色紙も飾ってあったが、その中に 野球選手 巨人軍の大竹選手のサインがあった。日付は 2014年1月とあった。

どうして、1月に 豊橋のちゃんこ屋へ行ったのだろう?

シーズンオフのはずだが。

なかなか美味しかったので、また行きたい。






3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する