mixiユーザー(id:29290635)

2015年02月10日08:28

808 view

日展 名古屋展・・・私の印象に残った作品

日本画の第1室は、地元の偉い画家の部屋。

まず、吉田氏の白っぽい絵。この画家の絵は、いつも白っぽい感じで、絵の具が盛り上がっている。

今年は 鳥が飛び立っている一瞬を描いていて、躍動感がある。

さっき話を聞いた木村氏の絵。青い色が印象的だった。

片山氏は、去年話を聞いた画家。今年も 川の土手のような場所を描いている。

安達氏は、去年 特選をとったので、今年は 無鑑査。この人の話も 何年か前に聞いていて、毎年
ヴェネツィアの仮面の絵を描いている。

その他、気になった作品を挙げてみる。

「Shining days」 吉川咲江・・・鮮やかな色彩で目を惹いた。女性二人、犬。黄・橙色・赤など。

「私の中の宇宙」 山口今日子・・・点描で色が 印象的。

「真贋の扉」 ナカジマカツ・・・・特選になっていた。写実絵画。木に生えているコケまで描き込まれている。女性が玉を持っていて、その玉の透明な所が 印象的。

「車いすの老婆」 伊藤寿雄・・・この人は、毎年 ご自身のお母様の絵を描いている。何年か前に話を聞いた。私が 最初に観た絵は、和服で座布団に座っていたが、何年かのうちに、とうとう車いすに座って、パンツスタイルになっていた。もしかしたら、もう介護が必要なお体になっているのかもしれない。年月を感じた。今年は、特選になっていた。

谷岡氏・・・私が 最初に観たこの人の絵は、「鶏頭の花」を描いていた。最近の絵は、胡蝶蘭を描いている。四日市大学で 教えていらっしゃるということを、、何年か前に聞いた。

毎年、入選した地元の画家の話を聞いているので、それぞれの人の顔が思い浮かび、今年はこういう絵を描いているということを確認している。

大体、それぞれの画家は、同じような絵を描いているのがわかる。

今年は、廃墟になった発電所の絵は無かった。

以前には、廃墟になった発電所を描いている人もいたことを思い出した。


7 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する