mixiユーザー(id:29290635)

2015年01月10日20:48

107 view

今年初めの映画は、「みんなのアムステルダム国立美術館へ」だ!

今日は、名古屋に出かけて、映画「みんなのアムステルダム国立美術館へ」を観た。

アムステルダム国立美術館には、私は 2014年の8月に行った。

その美術館の改修工事の為に10年に及ぶ休館期間を追ったドキュメンタリー映画で、こういう

いろんなことがあったということを知った。

最初に 「自転車道」についての話が出てきて、美術館を通りぬけていた自転車の人々の意見が

随分大きいことに驚いた。

それでも、現地を見ると、自転車用の道が とても広くて、自転車をとても優遇している都市であったので、「そうか。」と、納得がいった。

サイクリストの人々の意見が 美術館建設の根本から やり直すことになったり、建築家も大変であった。

また、様々な軋轢に嫌気がさして、辞任してしまった館長。

美術を愛するスタッフが 黙々と開館準備を進めていく姿。

美術館の展示室の壁の色を議論する学芸員とデザイナー。

所蔵作品の購入で、美術館が オークションに参加する場面が出てきて、金額が高すぎて その作品をあきらめたことがあった。

作品の保管場所や絵を修復する場面が出てきて、なかなか興味深かった。

何気なく アムステルダム国立美術館を見学したが、こういういろいろな事があった末の美術館だと思うと、良かったなあ。と、思った。

私は、たまたま2014年の8月に アムステルダムに行くことを決めて、出かけて、アムステルダム国立美術館に 6時間くらいいたが、見ごたえのある素晴らしい美術館だった。

壁の色を あんなにいろいろ議論していたとは 思いもよらなかった。

黒い色だったような気がするが、絵が 名画だらけで、壁のことは 気にならなかった。

私は、美術館の最上階の ヘリコプターの展示が 今でも気になっていて、どういうわけで、あのヘリコプターが展示されていたかを知りたい。

映画の中では、あのヘリコプターの展示のことは出てこなかった。
4 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月11日 11:51
    本物に行かれたのですね。羨ましいです。
    館長や建築家がメチャクチャ笑顔で、
    嫌味を言うのを見て笑ってしまいました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月17日 11:43
    初めまして、名古屋で先行して上映していたのですね。
    東京では小さな会場での上映です。アムステルダム国立美術館エントランスが自転車のためとは!美術館のバックヤードの面白かったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月18日 08:56
    名古屋でも 小さな映画館での上映です。50人くらいの会場ですが、満員でした。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する