mixiユーザー(id:29290635)

日記一覧

フォンダン
2021年01月16日15:19

1月11日ミッドランドスクエアシネマで映画を観た後、地上に出たら、ミスタードーナツが 目に飛び込んできた。これまで私はドーナツを食べたことが無いかもしれない。そういえば、ミスタードーナツに入ったのは、何十年前だったか中国の飲茶みたいなものを

続きを読む

1月11日若尾文子の映画を観た後、名古屋駅に急いだ。12時35分からのミッドランドスクエアシネマで上映される映画「ルーブル美術館の夜  ダ・ヴィンチ没後500年展」を観るためだった。映画館のはしごは 久しぶりだった。概要2019−2020年

続きを読む

1月11日今日は 名古屋市栄にある名演小劇場で 「お嬢さん」という映画を観た。若尾文子映画祭で、これまで観ていない映画を観たくて、午前8時過ぎに家を出発した。解説三島由紀夫の同名小説を、「警視庁物語 不在証明 十五才の女」の長谷川公之が脚色

続きを読む

1月8日今日のスポーツ紙で「プロ野球新人選手の入寮」を伝える記事が大きく取り上げられていた。もう、そんな時期になったのか。久しぶりに「中日スポーツ」を読んだ。中日スポーツだから、中日ドラゴンスの入寮が一面に大きく載っていた。ドラフト1位の高

続きを読む

「ごくせん」
2020年12月30日20:47

12月30日年末になり、昔にやっていたドラマを再放送していたので観た。「ごくせん」というドラマは、全然リアルタイムには観ていなくて、この3日間でまとめて放送していたので、そこで初めて観た。仲間由紀恵が やくざの孫で、高校の数学の先生だという

続きを読む

2020年 YOU TUBEで観た映像
2020年12月24日21:18

12月24日コロナで 緊急事態宣言が 出て、仕事が休業になり、毎日 YOU TUBEを観ていた。映画「恋空」新版「舌切雀」(2007年 歌舞伎座公演)舞台「Bedge Pardon」 三谷幸喜ドラマ「黒蜥蜴」歌舞伎「源氏物語」映画「青い青い空  書道ガールズ

続きを読む

12月24日1.シネマ歌舞伎「廓文章 吉田屋」2.カイジ ファイナル3.テリー・ギリアムのドン・キホーテ4.盗まれたカラヴァッジョ5.シネマ歌舞伎「風の谷のナウシカ」前編・後編7.プラド美術館8.糸9.シネマ歌舞伎「牡丹燈篭」10.シネマ歌

続きを読む

12月19日パフェを食べた後、松坂屋美術館で「平山郁夫展」を観た。入り口を入って、驚いたことに、見物人が あまりいなかった。名古屋で コロナ患者が増えているので、皆さん 外出を控えていたのかな?「文化勲章受章の平山郁夫画伯は、1930年に広

続きを読む

久しぶりの「苺パフェ」
2020年12月20日09:59

12月19日三菱東京UFJ貨幣資料館の後、地下鉄で池下に行った。池下には古川美術館に行く時に 降りる所であるが、そこに行ってしまうと出口が違うので、2番出口の方に行った。池下駅の すぐ近くに フルーツパーラーがあることを知ったのは、今年にな

続きを読む

12月19日三菱UFJ銀行貨幣資料館へ 久しぶりに行った。コロナ禍で どこに行っても 消毒剤と検温は欠かせない。昼に食べた中華屋でさえも、入り口の検温(自動的に体温が測れる)はあった。広重 名所江戸百景掘歸濬奸嵬晶蟾掌揺慣福廚蓮歌川広重(17

続きを読む

映画「刺青」
2020年12月19日20:31

12月19日今日は、名古屋の名演小劇場で映画「刺青」を観た。刺青の紹介:1966年日本映画。質屋の娘・お艶は手代の新助と添い遂げるために駆け落ちをした。しかしお艶の背中一面に女郎蜘蛛の刺青(いれずみ)が彫られたとき、彼女の魔性が目を覚ました…。

続きを読む

12月18日安城コロナシネマワールドで 映画「新解釈 三国志」を観た。解説「今日から俺は!!」「勇者ヨシヒコ」「銀魂」シリーズなど数々のコメディ作品を手がける福田雄一監督が、日本でも広く親しまれている中国の「三國志」に独自の解釈を加え、今回が

続きを読む

12月16日今日は、ユナイテッドシネマ岡崎で 映画「天外者(てんがらもん)」を観た。解説三浦春馬が主演を務め、近代日本経済の基礎を構築し希代の“天外者(てんがらもん)=すさまじい才能の持ち主”と称された偉人・五代友厚の人生を描いた歴史群像劇

続きを読む

2020年に 私が観た展覧会は、62あった。上半期は 緊急事態宣言が出て、2か月以上は 美術館に行けなかった。緊急事態宣言が解除されたとたんに、「展覧会に行けるうちに行こう」という気持ちが強くなり、頑張って出かけた。(感染予防をしながら、マ

続きを読む

1.「大橋翠石ー虎を極めた孤高の画家」・・岐阜県美術館2.「マイセン動物園展」・・・岡崎市美術博物館3.富山市ガラス美術館「グラス・アート・ガーデン」チフーリの作品4.富山市ガラス美術館「コレクション展」5・富山市ガラス美術館「イヴァナ・シ

続きを読む

12月12日豊川市桜ケ丘ミュージアムで 「天国のように淡く、まぶしい、そして」と題された長井朋子の展覧会を観た。長井朋子(1982〜)は、愛知県出身で愛知県立芸術大学を卒業したのち、東京を拠点に活動する現代美術作家です。トーキョーワンダーウォー

続きを読む

12月6日岡崎市美術博物館で、「中根寛の全貌展」を観た。1925(大正2)年愛知県額田郡豊富村夏山(現岡崎市夏山町)に生まれた中根寛は、岡崎師範学校卒業の後、東京藝術大学油画科に進学し、日本近代画壇の重鎮であった安井曾太郎、林武らに学びまし

続きを読む

11月29日名都美術館で「小野竹喬  風景と語らう画家」後期を観た。前期も観たが、後期の展示も良かった!「落照」(明治41年)は、小野竹喬が10代の時の作品であるが、線の美しさに心ひかれた。「琵琶湖春秋」(昭和4年頃)は、屏風の作品で、展覧会に出

続きを読む

日進市でパスタを食べる
2020年12月02日19:01

11月29日名都美術館で 「小野竹喬展」の後期の作品を観た。長久手市に行く時には、「長久手温泉 ござらっせ」と「パスタクオーレ」に行った後に美術館に行くというパターンが、いつの間にか出来上がっていた。「パスタクオーレ」という店は、こだわりの店で

続きを読む

11月23日とうとう宿をチェックアウトする時になった。朝から雨が降っていた。朝9時頃 宿を出発して、産地直売所で りんごを買った。これで 今回の買い物はおしまい。一路 恵那に向かった。恵那といえば、中山道広重美術館。「歌麿とその時代ー黄金期の浮

続きを読む

11月22日小林古径記念美術館と小川未明文学館を見学しただけで、宿に帰ったが、宿に着いたら、既に午後2時半を過ぎていた。やはり、上越市というのは遠かった。宿に戻る途中で 道の駅に立ち寄り、お土産を買った。地域振興券を全部使い切った。1万円なんて、

続きを読む

小林古径記念美術館を出たら、もう午前11時を過ぎていた。小林古径記念美術館には 1時間くらいいたことになる。そこで、近くの歴史博物館の中にあるカフェで ハヤシライスを食べた。カフェでは 蓮とプーアール茶とジャスミンティーをミックスした飲み物が

続きを読む

11月22日午前7時半に宿で 朝食を取り、午後8時過ぎに 上越市に向かった。以前 名都美術館で 小林古径記念美術館のポスターを観て、すっかりそそられた。愛知県からでは 遠すぎる場所であるが、野沢温泉からならば、2時間くらいで行けるというので 思い

続きを読む

11月21日宿に着いたのは、午後5時前だった。宿に着く前に 観光案内所で 地域振興券を買った。(5000円で 1万円分の券)(この地域振興券は、旅行する前に 予約しておいたものだった。)宿に着いたら、早速外湯巡りをして、2か所のお風呂に入った。それか

続きを読む

水野美術館に行った後、今日泊まる宿を目指した。野沢温泉というのは、名前は聞いたことがあっても、行ったことが無かった。「スキー場があるところ」というイメージしかなかった。いろいろ調べるうちに、「外湯めぐり」ができることを知った。外湯巡りができ

続きを読む

「すわのね」は諏訪大社に近い場所にあるが、諏訪大社をお参りしたことは無い。今回も 諏訪大社に行かなかった。すわのねを見学したら、午前11時を過ぎていた。この辺で 昼食にしようと思い、近くにある蕎麦屋に入った。その後、水野美術館に行った。水野美

続きを読む

北澤美術館の後、「すわのね」に行った。すわのね(日本電産サンキョーオルゴール記念館)は、諏訪大社下社秋宮の目の前にある、ロマン溢れるオルゴールの博物館です。オルゴールのシェア世界一で最盛期には世界のオルゴールの9割を生産していた地元企業、日

続きを読む

11月21日午前5時半ごろ 自宅を出発して、長野県に行った。やっと 「GO TO トラベル」を使った旅行に行けた。箱根に行った時も 和倉温泉に行った時も 「GO TO トラベル」ではなかった。この旅行は コロナウイルスが 収まってきたと思われた 10月初め

続きを読む

11月14日大一美術館に行った後、東急ハンズや本屋で買い物をして、午後5時半に 愛知芸術劇場コンサートホールに行った。ベートーベン生誕250年の記念コンサートで、Eテレで 放送するクラッシック番組の公開録画をするコンサートだった。この日のコンサート

続きを読む

11月14日映画を観た後、ミヤコ地下街のラーメン屋「熊ちゃん」で醤油ラーメンを食べ、名古屋駅のタカシマヤに向かった。タカシマヤでは「大東北展」をやっていた。「大北海道展」では、あんなに大勢の人がいたが、「大東北展」では 人が少なかった。「大東北

続きを読む