ホーム > mixiユーザー(id:2909629) > mixiユーザーの日記一覧 > 悟りとは真空に戻る事

mixiユーザー(id:2909629)

2019年10月19日01:00

4 view

悟りとは真空に戻る事

最終的な悟りとは、何一つ体験する事無く、何一つ観測される事もない状態、という事は分かる。

つまり真空の状態。

そして今日ネットを見てたら、宇宙の話の中に、真空の相転移という言葉があった。

真空の基底状態から、何らかの原因により、その基底状態が変化し、物質場が励起する、みたいな。

つまり、何にも観測されない状態の真空から、物質場が発生するって事ですかね。


この逆を行こうってのが悟りなんですよ。

だから悟りと物理は矛盾しませんよ。

そして悟りという状態は、永遠ではないという事でもあります。

そもそも悟って外から観測出来ない状態には、時間が存在しませんから、

永遠という表現が正しいかどうかは分かりませんけどね。


悟り自体は完結してますけど、外からのエネルギーや情報に、

反応を示した時点で、また始まります。


悟りの修行というのは、真空の基底状態に戻る事を目指しているんですね。

ですから、反応しない、つまり、思わない、という事を訓練する訳です。


あなたは真空になりたいですか?

つまり、悟りとは、ほんのひとかけらの人にしか必要のないものです。

修行して、苦しみが減り、エネルギーが充填されれば、

違う目標を立てて進んでゆくのが普通でしょうから。


満たされない思い、満足出来ない、そういう物の始まりが、真空の相転移であり、

満たされた状態でありながら、その体験すらない状態が、真空の基底状態であり、

その基底状態が、悟りそのものです。


あなたは真空に興味がありませんか?

うちで修行したら真空になれますよ!

そこには天国も地獄もなく、なんの体験もありませんよ!

さあ頑張って修行しましょう!

これでは弟子や信者は集まらないでしょうね。


ですから、悟りとは、喜怒哀楽のテーマパークの出口なんです。

みんなは、このテーマパークが好きなんですよ。

何かに囚われ、苦しみ、出口を求めたとしても、苦しみが無くなればまた、

喜びや楽しみを求めます。


ディズニーランドでずーっと遊べるとしたら、みんな喜ぶでしょう。

でもいずれ飽きる時が来ます。

そうすると出口を求めるようになるでしょう。

それだと困る?人達や存在達が、新しい天国や地獄を創り出しますよね。

ですから人類は飽きる事無く、様々なイベントを体験する訳です。


それでもなお、出口を求める人にのみ、悟りへの道が開かれるのでしょう。

皆さんの目標が達成されますように。 では。

1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する