mixiユーザー(id:2892585)

2020年05月30日10:26

8 view

黒澤とか壇蜜とか。


◎「我が青春に悔いなし」黒澤明監督


1946年の作品。
噂通り、そんなに面白いものではなかったウッシッシ
しかし、学生運動のモブシーンとか、見せ方は上手い。
色々なところでサイレント映画みたいな演出があって、
そこは面白かった。ルビッチとか好きだったンだろうなぁ。
と思わせられたり。


◎「わたしの奴隷になりなさい」亀井亨監督


いや、面白かった。
日活ロマンポルノの正統な後継者、みたいな映画?
壇蜜が、こんなにガッチリと脱いでるとは思わなかった。
ところで、壇蜜と3密、似てますね?ウッシッシ


◎「バスキア、10代最後のとき」サラ・ドライバー監督


バスキアが生きていた頃の時代を、
関係者たちへのインタビューで構成するドキュメンタリー。
70年代の末期のニューヨークって、
こんなに荒れ荒れな感じだったんだなぁ。
「タクシードライバー」のトラビスが歩いて来そう。
バスキアは、
その作品がプリントされたTシャツを着てた時期があった。
気に入ってたけど、
あれはうちの奥さんから貰ったンだったか?


◎「ダンス・ウィズ・ミー」矢口史靖監督


志は高かったのかも、だけど、
いかんせん、主演のコの歌とダンスがイマイチで、
少しもワクワクできず仕舞い。残念〜。
「バンドワゴン」の
「ダンス・イン・ザ・ダーク」をやりたいんだろうが、
できない、みたいな場面も…?
ムロツヨシは面白かったけど。


◎「ハングリー・ラビット」ロジャー・ドナルドソン監督


確か、同い年のハズのニコラス・ケイジが頑張る。
「見知らぬ乗客」みたいなシチュエーション。
悪人のガイ・ピアース、良かったなぁ。
ウィリアム・アイリッシュ風味も?
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する