mixiユーザー(id:28877396)

2021年01月13日18:56

76 view

そもそも感染症に対する認識が間違っている

■緊急事態宣言、再び知事主導=政府、全国発令なお慎重
(時事通信社 - 01月13日 08:01)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=6374906

この手の感染症を抑え込むなど、絶対に無理なのだ。
ロックダウンして、抑え込んだように見えてもまたぶり返す。その繰り返し。
その間に、経済は疲弊して、財政は破綻に向かう。より一層の死者(自殺者)が
出ることになるのだ。
このコロナウイルスにしても、7割くらいが無症状か軽症、
そしてほとんどが、2週間ほどで完治している。
死者もいる、重症者もいる。それがどれほどの数字か、それを見て判断すればいい。
インフルエンザは、症状のある感染者だけで1週間に200万人感染していたと
一昨年のニュースでやっていた。死者も、1万人くらい出ている。
新型コロナの場合、直接感染症による肺炎や、その他の疾患が悪化して死亡する
のは、おそらく半分くらいじゃないか?がんや、基礎疾患で重症の患者が
PCR陽性者で、死亡したらコロナ死になる。厚労省のお達しでそうなっている。

超過死亡は、むしろなくて、死者は例年より減っているという。
インフルエンザが流行っていないのが主な要因だが、
これは、ウイルス干渉の可能性が高い。そう認識するのが自然だ。
感染症対策を徹底しているから減ったというが、それもないことはないが、
ここまで減るか?毎年、ワクチンを半分くらいの国民が打って、この季節は
ほとんどの人はマスクをしている。手洗いうがいの奨励はテレビでもやっている。
にもかかわらず、1000万人くらいの感染者を出している。
これを感染症対策のおかげだけだというのは、無理がありすぎる。

ウイルスが消滅することはない。今まで亡くなったウイルスは天然痘のみ。
インフルエンザも、ワクチン打ってもかかるし、治療薬もそんなに効かない。
新型コロナをただの風邪とは言わないが、たちの悪い風邪の一種だということは
間違いない。風邪をこじらせても、高齢者で基礎疾患があれば死ぬことも少なくない。
コロナだけがとりわけ突出しているわけではないのだ。

医療崩壊の原因は、コロナを見る病院が少ないというだけだ。
2類感染症で、運用はエボラ並になっていて、まさにバイオテロに対する装備
をしなければ、患者を診ることはできない。そうした縛りが医療崩壊を
招いているのだ。もっとも、構造的な問題もあるが、
それが一番のネックになっている。

ロックダウンしても、緊急事態宣言をしても、ウイルスは無くなることはない。
春になれば、自然に減ることは実証済みだ。青天井に増えることもない。
何より、欧米に暮部て極めて少ない感染者と、死亡者だという、この事実を
正しく見極めて、生活が破綻しないようにするのが政治の役目ではないか?
恐怖に陥れた、テレビ番組とエセ専門家の言うことをそのまま受け入れて、
恐怖に陥ったバカ国民の世論に負けて、国を破滅の方向に導くごみ政治家に
言っても無駄かもしれないが。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する