mixiユーザー(id:28340724)

2020年07月16日11:12

8 view

母親の浪費癖、ラブホテル生活、野宿の果てに

MOTHER マザー
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=28340724&id=4986220


2014年3月、埼玉県川口市で17歳の少年が祖父母を殺害した上、キャッシュカードなどを奪った有名な川口祖父母殺害事件。『誰もボクを見ていない』、として書籍化されている。

悪い余韻が鑑賞後も暫く消えない作品である。

三隅秋子(長澤まさみ)演じる母親の身勝手な浪費癖で、食事にもありつけず、学校にも行けなくなる周平(10才・郡司翔)
まあ そこからゲーセンで、ホストの遼(阿部サダヲ)と出会ったり、市役所の職員(皆川猿時)に色仕掛けで周平の面倒を頼んだり、ラブホテル生活では、遼が出ていくとラブホテルの二代目(仲野太賀)と関係を持ったり、まあ 男を虜に出来る女性だ。

結末にはふれずにいこう

周平(奥平大兼)は、17才になり 作業員として つくば 辺りで働くのですが 

話がとんだ
妹が産まれます。

なんだか うまく説明できない

全編通して 長澤まさみ演じる毒親が胸糞すぎる 嫌悪感の塊みたいな女である。

ホームレスになったり お金もないくせに 顔も汚くないし、服装もまあまあなのは 不自然と 難癖をつけようと思ったのだが
冷静に考えると 息子の視線に映る 母親は 自分が小さい時の 若くて美しい姿が焼き付いているのではないだろうか。

だから 長澤まさみを老けメイクや顔を汚すことなく 監督は最後まで カメラを回し続けたのではないか。
多少 白髪が増えたり 生理用ナプキンを万引きする姿は リアルであったが。

PS 周平は綾に恋したのかな?
PS 同世代女優の石原さとみ、新垣結衣に大きく差をつけたか 長澤まさみ

だが彼女は綺麗だ、いい女だ。

ホームレスになったり お金もないくせに 顔も汚くないし、服装もまあまあなのは 不自然と 難癖をつけようと思ったのだが
冷静に考えると 息子の視線に映る 母親は 自分が小さい時の 若くて美しい姿が焼き付いているのではないだろうか。

だから 長澤まさみを老けメイクや顔を汚すことなく 監督は最後まで カメラを回し続けたのではないか。
多少 白髪が増えたり 生理用ナプキンを万引きする姿は リアルであったが。

PS 周平は綾に恋したのかな?
PS 同世代女優の石原さとみ、新垣結衣に大きく差をつけたか 長澤まさみ



0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する