ホーム > mixiユーザー(id:283341) > mixiユーザーの日記一覧 > サチさん迎撃

mixiユーザー(id:283341)

2019年02月10日19:30

56 view

サチさん迎撃

2/9、16時過ぎに連絡があり地下鉄大通駅で待ち合わせ。直接会うのは20年ぶりぐらいだが
携帯電話のお陰でトラブルなくランデヴー。良い時代になった。お土産に東急線で汲んだ水と
ミクのライヴで空中を漂っていたアニヴァーサリーのテープを頂く。
昼の部で或る程度雪まつり会場を巡って来たとのことだが、陽が落ちると幾つかの
雪像でプロジェクションマッピングがあるので、先ずは4丁目を目指す。取り敢えず
ライトアップされたミクを撮影して満足。こちらのプロジェクションマッピングは18時とのことで
17:30開始のJR貨物のほうを先に観る。8丁目まで歩行者天国で移動はスムーズ。
サチさんは動画を撮影する気満々だが、人込みの前にはゆかず後ろで悠然としている。
手ぶれを完璧に抑えられるので、腕を高く上げさえすれば視野が遮られることがないのだった。
テクノロジーの進歩は早い。私も隣に場所を取って写真撮影を試みたが、残念ながら
トルケル並の大男がぴったり前にいて、全景は収められなかった。収穫されたonちゃんが
貨物のコンテナに収まるシーンは見物できたのでまあ満足。
4丁目へ引き返し、ミクのプロジェクションマッピンク゜。雪まつりオリジナルと思われる
楽曲に乗って、ミクが鮮やかに浮かび上がる。ギターが北海道の形をしていることに
この時気付いた。1曲だけの演奏だがなかなか好いライヴだ。
余裕を見て雪まつり会場を離脱。本場のジンギスカンを味わってもらおう。然しながら
ここで段取りの悪さが。ネットで予約して油断していた為、店舗の所在がうろい。大手
チェーン店なので、大きな看板が出ているだろうと決め打ちしたのが裏目に出た。
結局サチさんにサーチしてもらって辿り着いた。そして話はこれで終わりではない。
何と其処は別の支店だったのだ。ススキノ内のもうひとつの店舗を教えてもらい
再度探索。意外と遠かったものの、雪まつりとリンクした氷の祭典を眺めながら
移動できたのでそれなりに楽しんでもらえただろうか。こちらのほうも仲通りに店舗を
構えていたので直ぐには発見できず、やはりサチさんに頼った。無事定刻に到着。
無駄に外を出歩いたので、店内がやたらと暖かい。食べ放題のラム肉が美味い。
ついでに特上ラム肉を追加してもらって、もっと柔らかいジンギスカンにもありつけた。
松尾ジンギスカンは、同じく人気店のだるまと違って地元に馴染みのある味付け。
付け合わせのキャベツもお替りをもらったり。意外と大人気だったのがカツゲン。
横浜の2人で何度もお替りをしていた。
予定では其の後カラオケだったが、11丁目の雪ミクをまだ見物していなかったので、
市電を利用して逆戻り。この時、新型の車両に乗れたのはラッキーだった。初めて
乗った。シートが進行方向を向いておりかなり快適。そういえばススキノへ移動する
途中、ミクのラッピングをした市電車両に出会った。この連続の幸運は、サチさんが
もたらしたものだろうか。

11丁目に到着。近くのローソンでトイレを借りる。すると、雪ミクグッズが売られている。
ファミリーマートがミクに力を入れているので、ローソンではキャンペーンをやらない。
期間限定で一部の店舗だけで販売していると思われる。10種類ほどあったグッズも
CDと手帳しか残っていない。1時間ほどしてCDを購入しにゆくと、其の間にも2,3枚
売れたようだ。限定品に弱いのは最近の傾向である。


こちらの雪像はプロジェクションマッピングではなくイルミネーション。だがかなり細かく
演出している。見物人にも熱意は伝わっただろう。その証拠に、撮影隊の後ろでは
親衛隊がサイリウムを振りまくっていた(本当)。あまりに本気だったので、2回目の
演奏ではサチさんの連れの人が混じっていた。統制が取れて不気味だったので、
サチさんが動画に収めていたし。因みに全員薄着、半袖の人物もちらほらと。待ち時間の
間も薄着のまま。
夜の部は22時で終了らしく、この辺りでそろそろお開きの雰囲気になった。其の後も
手袋を紛失したり、JRAのプロジェクションマッピングでは肩車で撮影を邪魔されたり
雪ミク仕様の自販機を発見したり、リゼロと雪ミクのコラボグッズに心を惹かれたが相場の
1.5倍から2倍の価格で断念したりとネタは尽きないのだがひとまずここで終わる。
6 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する