ホーム > mixiユーザー(id:28135846) > mixiユーザーの日記一覧 > 若くて魅力的な指揮者がまた一人・・・京響定期

mixiユーザー(id:28135846)

2019年05月19日20:24

307 view

若くて魅力的な指揮者がまた一人・・・京響定期

この人、将来的に常任の客演指揮者になってくれないかしら?

京都 京都コンサートホール 大ホール
京響第634回定期演奏会
カーチュン・ウォン指揮 京都市交響楽団
(コンサートマスター 泉原隆)
ヴァイオリン独奏 ラグンヒル・ヘムシング
曲目等 吉松隆:鳥は静かに...op.72
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調op.47
フランク:交響曲ニ短調

シンガポール出身の1986年生まれの指揮者! 若い!可愛い!

普段ぐすたふくん、プレトークに間に合うことはあまりないのだけれど、今日はたまたま早く着いたので2時からの彼のトークを聞いたのだが、片言の日本語を交えた聞き取りやすい英語で、溢れんばかりの今日の曲目に対する想いを語るその姿に、まず好感。

そして、吉松作品では生命の生成と飛翔を描き(ヴィオラのピチカートを、仲間に囲まれて死んだはずの鳥に鼓動が宿る、と語っていたけど、まさにその通りのドラマ)、そこからアタッカで入ったシベリウス(ソリストがあの冒頭を弾きながら入場してくる!)では、巫女とともに自然=神を賛美する・・・ここまでの演出で、もうぐすたふくん、惚れ込んじゃいましたね。

吉松さんのこの曲、この若い指揮者は「これからの指揮者人生で、なんども取り上げていきたい」と語っていたけれど、本当にこの曲のことが好きで、深く理解しているんだなあ、っていうのがびんびんに伝わってきました。そして、それに吉松さんの心の師匠の曲を組み合わせるっていうのも(当然そのことも知ってるんでしょう)、彼の傾倒ぶりが伺える(プレトークでは、吉松作品最後の調性とシベリウス冒頭の調性の関係から続けて演奏することの妥当性を論じ、それも非常に興味深かったです)。

日本の作曲家を、日本人以外の音楽家がここまで理解して愛してくれる・・・武満徹も多くの海外奏者に愛されたけれど、改めてこんな若い世代の音楽家が吉松作品を愛している事実とその演奏に接して、なんとも言えない幸福感を覚えました。

ただ惜しむらくは、ソリストがこの超難曲を弾き込めるに十分な技量の持ち主とは言えず、三楽章をやや持て余し気味だったのが残念。アンコールで弾いたノルウェーの民族音楽の魅力の方が、ぐすたふくんには上回るように感じました。

いやが応にもフランクにも期待が高まったが、残念ながら、意図は壮なるも重きに過ぎた、という演奏。フランクとブルックナーの共通性、オルガントーンの追求、ということからのアプローチであることは十分にわかったし、(ベース7本を正面に並べた)京響も頑張っていたけれど、ちょっと退屈だったかなあ。僕の周りでも、結構寝てた人が多かった気がする。むしろ、シベリウスで聞かせたような、見通しの良さと推進力でもってこの曲も押し切った方が、聴いていて楽しめたんじゃなかろうか。

カーテンコールも、オケと一緒に深々とお辞儀をするなど、日本人のメンタリティーを鷲掴みにするような礼儀正しさ。昨年から今年、日本各地のオケを色々振ってまわっている模様だけれど、お互い幸福な出会いを経て、末永くお付き合いをさせていただきたいものです。
4 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月19日 21:00
    フランクの交響曲、最近、なかなかプログラムに載りません。
    はやり、すたり、というのがあって、いっとき、ブラームスの4番は年に2〜3回聴いていましたが、あるときから(私の記憶の中では、チェリビダッケのとんでもない名演以来)、ぱったりと演奏会では取り上げられなくなりました。10年以上、一度も効かず、京響で岩城さんで久々にききました。演目の解説、そして、オケの配置(たしかコントラバスを正面に、ファゴットとクラリネットが逆になっていた)の理由を説明してくれたというありがたいおまけつき。それが、岩城さん最後の演奏会となったのも印象深いです。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月19日 21:50
    > mixiユーザー コメントありがとうございました。

    今回の指揮者も、プレトークで「(フランクは)一時期、頻繁にコンサートにかかっていたのに」と述べていました。やはりそうだったのですね。

    若い指揮者がこの渋い曲を「古今東西の名交響曲の一つ」として愛し、名刺がわりに演奏していったこと、記憶に止めようと思います。

    そういえば、彼、この3月に東京で読響でブラームスの4番を振っているのですね。興味深い事実です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月20日 00:58
    > mixiユーザー 

    今日もまた記事ありがたく拝見いたしました。

    わたくしごとではありますが、何かこのところの私自身と音楽の距離について、考えさせられるところもありました。

    もちろんのこと、このコンサートにも、まず出かけられないといった状況があるわけですが、もし本当になんとかしようとするのならば、すべてが望み通りにならないにしても、なんとかならないわけでもないですよね。

    でもですね、こういった若い指揮者、それも京響初対面でしょう、さてどうなるか、といった所があるわけですよね。まったく贅沢なおはなしですが、かつての京響は、毎回のように、さてどうなるか、できるかできないか、というところがたくさんあって、まだ不惑だったわたしは、目が離せなかったんだなあ、と。

    でも、この記事読ませていただいて、結構ビビッと来ましたので、また来年とか、数年後になれば、毎週のようにコンサートホールの椅子に座っている自分の姿が、ふと想像されたのでした。

    しかしサンサーンスのオルガン付は繁昌しているのに、ほんとのオルガントーンのフランクが放っておかれるのは残念ですねえ。たとえば大野さんとか、飯森さんとか振りまくったら、金看板にならないでもないだろうに、とか思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月20日 13:07
    > mixiユーザー コメント感謝です。

    京響と客演指揮者の雰囲気は、終演後本当にいつも良くて、聞きにきてよかった、と思えます。

    またご一緒させてください。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月25日 12:32
    でも、「鳥は静かに ・・」何回聴いても泣ける。

    京響の弦の響きには、こういう北欧系のストリング・サウンドがやっぱりよく似合う、と思います。

    シベリウスの6番、熱望。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する