ホーム > mixiユーザー(id:28135846) > mixiユーザーの日記一覧 > ブルックナーって、やっぱり難しいんやなあ・・・関フィル定期

mixiユーザー(id:28135846)

2018年04月01日01:45

510 view

ブルックナーって、やっぱり難しいんやなあ・・・関フィル定期

いやまあ、今さら何を当たり前のことを、とも思うけど。

大阪 ザ・シンフォニーホール
関西フィル第290回定期演奏会
飯守泰次郎指揮 関西フィルハーモニー管弦楽団
(コンサートマスター 岩谷 祐之)
ブルックナー:交響曲第8番ハ短調(ノヴァーク版第二稿)

新聞各紙にも取り上げられた、二週連続の大阪でのブル8。今日は、飯守・関西フィル。

正直に言ってしまえば・・関西フィルには少々荷が重かったかなあ、というところ。ちょっと楽しめる、とか、感動する、というところまでの感興には至らなかったですね。

14型(14-12-10-8-7のチェロアウト通常配置)三管+ワグナーチューバ4ハープ3の編成。関フィル正規団員数に匹敵するエキストラを入れた、目一杯の拡大ヴァージョン。そのサウンドは、最初のブルックナー開始からとりあえずの休止に至るまでを聞く限り、ほおっと思わされるような懐深い鳴りっぷりで、なかなかやるじゃないの、と思っていたのだが・・・聞き進むにつれ、綻びがあらわになっていく。

プログラムによると、関フィル、ブル8は初めてらしい。ホルンに元大フィルの山本さんの姿が見えたり、初めてではない人も結構入っていたのだろうけれど、いかんせん経験不足、練習不足の感は否めない。飯守さんの棒の緩急に、ついていけない箇所多数。何度か飯守さん、コントロールを試みては諦める、ということを繰り返していたんじゃないかしら?

やはり、難曲なんだなあ。ただ、飯守さんの志向する音楽の方向は、テンポを遅めに取ったスケール感の大きなもので、これが内的緊張を持続して立ち現れたなら、仰ぎ見るような音楽伽藍になったであろうに、との印象は抱きましたが。

来週は、尾高・大フィル、はたして?
1 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年04月02日 00:54
    うーむ、ブルックナーはむずかしぃござる。それともそう考えるからむずかしくなるのか。

    しかし関西フィル初演なんて、ずっと大フィルと直接対決を避けていたのでしょうか。

    ちなみに、自分比、生涯最高の荘厳ミサ(L.v.Beethoven)は黒岩英臣+関西フィルだったのでしたが・・・
    (この曲、朝比奈さんの鬼門でしたね)

    さぁて、スプリング・ハズ・カム、でもう間もなくお鷹さんのブル八ですが、実況のアップ、心よりお待ちしておりまする。
    (しかし一年目からブル八やってベートーフェン・チクルスやって、まるで余命・・ヶ月の指揮者なのかと、勘違いしかねないほどです)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年04月02日 19:22
    > mixiユーザー コメントありがとうございます。

    東条さんは、この演奏、概ね好意的に捉えられていたようです。
    http://concertdiary.blog118.fc2.com/blog-entry-2922.html
    早めのテンポ、と書いておられますが、私はそう感じなかった。正味の演奏時間が80分を切るのは、ノヴァーク版のせいもあるように思いましたが。

    ご指摘どおり、朝比奈御大存命中は、関フィルは遠慮してたんでしょうねえ。

    尾高さんのブルックナー、9番の超のつく名演が、もう15年も前なのに、まざまざと思い出されます。8番、本当に楽しみです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年04月03日 01:08
    > mixiユーザー 

    こちらこそありがとうございます。

    そうでした、そうでした、シンフォニーホールの九番、絶賛しておられましたね。

    そして尾高さんも九番が一番好きなはず。(あらゆるクラシックで、若いころの愛聴盤ベストワンはシューリヒトのそれだったと、1975年ころのFM放送で語っていました)

    しかし財政といい、プログラミングといい、新監督の、その年齢?に似合わぬ果敢さに、目が離せなくなってきました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年04月03日 17:12
    > mixiユーザー そうですね。でもきっと、何か期するものがあるのでしょう。

    道義さんとの間で、どんな言葉が交わされたか、と思います。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する