mixiユーザー(id:27477668)

2020年04月03日03:59

241 view

志村けんは、動物虐待の疑いが強い番組の顔を長年に渡って務めた

志村けんさんの公式LINEアカウントは平常運転「LINEの中では生きている!」
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=159&from=diary&id=6032425

志村けんが素晴しい実績を持つコメディアンだったという点には疑いの余地がないが、「動物虐待の疑いが強い番組の顔を長年に渡って務めた」という「負の実績」に関しても忘れてはならない。>天才チンパンジー“パンくん”の女性襲撃は予見されていた? (1/3) - ITmedia ビジネスオンライン https://www.itmedia.co.jp/makoto/articles/1209/11/news025.html

チンパンジーのTVバラエティ番組・ショーへの利用廃絶に向けて ─ SAGA (アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い) https://www.saga-jp.org/ja/news/2012-11-19.html

パンくんの子供に関して ─ 不当な人工保育に対する批判声明 ─ SAGA (アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い) https://www.saga-jp.org/ja/news/2015-11-24.html

俺がたまたま観た『天才!志村どうぶつ園』では、女性タレントがハゼを釣った後、針に付いたままのハゼを野良猫の前にわざとぶらぶらさせ、そのハゼに飛びかかった野良猫は海に落ちた。その後這い上がることができたとはいえ、明確な虐待。でもその女性タレントもスタジオ勢もにやにやしてた。心底気持ち悪いと思いました。

「こんな時にこんな批判をするな」と思う人もいるかもですが、「それはそれ、これはこれ」ですからね。批判すべきを批判しない理由にはならないのです。
0 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月03日 08:22
    ニュースから。
    批判すべきを批判しない理由にはならない、というご主張には諸手を挙げて賛成します。しかし、放送直後の批判ではなく、今になっての批判には疑問を感じます。tagoshuさんの発した文章を全て拝読しているわけではありませんので、未読の文章の中で批判の意を表されて居られたなら、平にご容赦下さい。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!