mixiユーザー(id:27222752)

2019年12月11日07:32

58 view

「独り言2111」  ロクセットのマリー・フレデリクソンさん死去

ショックexclamation ×2






スウェーデンの男女ポップスデュオ「ロクセット」のマリー・フレデリクソンさんが9日に亡くなった。
61歳だった。
2002年に脳腫瘍(しゅよう)を患い、長年闘病を続けていたという。

1958年生まれ。
84年にソロデビューし、国内で成功を収めた後、86年にペール・ゲッスルさんとロクセットを結成して海外に進出。
アルバム「ルック・シャープ!」に収録された「ザ・ルック」が米シングルチャートで1位を記録し、映画「プリティ・ウーマン」の挿入歌となった「イット・マスト・ハブ・ビーン・ラブ」など、次々にヒット作を生み出した。
日本でも95年に初来日公演をするなど人気があった。

マネジメント会社の発表によると、脳腫瘍の治療後、ツアーに復帰して精力的に活動していたが、06年には健康管理に専念するよう医師の助言を受けていたという。
(ロンドン=下司佳代子)








【AFP=時事】
スウェーデンのポップ・バンド、ロクセット(Roxette)ボーカルのマリー・フレデリクソン(Marie Fredriksson)さんが死去した。
61歳だった。フレデリクソンさんの所属事務所が明らかにした。
ロクセットは1990年代、「愛のぬくもり(It Must Have Been Love)」など数々のヒット曲を放ち、世界的に有名になった。

2児の母でもあるフレデリクソンさんは、長期にわたるがんとの闘病の末、9日に亡くなった。
2002年に脳腫瘍と診断されたが回復し、数年後には音楽界に復帰。
だが2016年までに病状が悪化し、医師らから公演活動を中止するよう助言されていた。

フレデリクソンさんはスウェーデン南部の小さな村の出身。
1980年代に近くの都市ハルムスタッド(Halmstad)でペール・ゲッスル(Per Gessle)さんと出会い、1986年にロクセットを結成。
世界でアルバム8000万枚以上を売り上げた。

ロクセットの最初のアルバムは国内で成功。
1989年の「ザ・ルック(The Look)」は同年米ビルボード(Billboard)チャートで1位を獲得し、初の世界的ヒットとなった。
その後も「ジョイライド(Joyride)」「リッスン・トゥ・ユア・ハート(Listen To Your Heart)」、「愛のぬくもり」などがチャート入りを果たした。

失恋のバラード「愛のぬくもり」は、リチャード・ギア(Richard Gere)とジュリア・ロバーツ(Julia Roberts)主演のロマンチック・コメディ映画『プリティ・ウーマン(Pretty Woman)』のサウンドトラックに収録された。
【翻訳編集】 AFPBB News
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する