mixiユーザー(id:2706255)

2020年05月07日15:20

35 view

何でもないことが遠くに行ってしまったなあ

 2010年 星新一展(世田谷文学館)
      城山三郎展(神奈川近代文学館)
 2011年 遠藤周作展(神奈川近代文学館)
 2012年 斎藤茂吉展(神奈川近代文学館)
 2013年 井上ひさし展(神奈川近代文学館)
 2014年 太宰治展(神奈川近代文学館)
 2015年 谷崎潤一郎展(神奈川近代文学館)
 2016年 偶像の系譜(國學院大學博物館)
 2017年 誕生 日本国憲法(国立公文書館)
 2018年 江戸幕府,最後の闘い——幕末の「文武」改革(国立公文書館)
 2019年 退位と即位の中継を家でみる
 
 この10年ほどの5月の連休で出かけたところ.
 しかし今年は,ずっと在宅.5日の朝,やや遠回りの散歩をしたぐらいである.
 この時期は,横浜に行きたい.割と早めに家を出て,本を読みつつ東横線で移動,終点まで行って神奈川近代文学館をゆっくり見学する.そのあとは山手を歩き,石川町の方に下り,伊勢佐木町まで歩き,有隣堂で立ち読みをして,南蛮屋で珈琲豆を2種類ぐらい買う,あるいは港の方に下り,氷川丸を右手に,ニューグランドを左にみつつ歩き,赤レンガ倉庫脇を抜け,みなとみらいへ.くまざわ書店で立ち読みをして,ドッグヤードの地下食堂街で遅めの昼食,そのあと横浜まで歩いて帰る,といった,特別なものを食べるわけではなく,海からの風を感じながら歩き,行きあった本を買ったりするのがなんとも楽しかった.
 今年は横浜で「大岡昇平展」が開催される予定だったので楽しみにしていたが,出かけるような状態ではなく,特別展自体,半年先に延期された.
 片道1時間足らずで行けた街がこうも遠くなってしまうとは.
 ついでに,帰宅したのち,日が暮れるのを待ちかねて冷えた日本酒やワインを抜栓し,息子にもちょっと飲ませてカミさんにどやされる夕食時,というのも,なんとも遠い存在になってしまったなあ.
2 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月07日 19:06
    私の散歩コースとほぼ同じで、意味なく笑ってしまいました。
    考えてみたら、関内駅で降りることはきわめて稀で、桜木町か石川町で下車。気分に合わせて散策し、最後に伊勢佐木町入口にある南蛮屋とその先の有隣堂に立ち寄るのが通常のコースです。もし自分が酒を飲めたら、伊勢佐木通りから1本裏のディープな魔界へ入るのですが(笑)。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年05月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31