mixiユーザー(id:2706255)

2020年03月30日08:44

44 view

東急東横店閉店か

 あと2日で東急東横店は閉店か.
 子どものころ,デパートで買い物,といえば,東横だった.ときどき連絡バスで東急本店まで行ったが,馴染みがあるのはやはり東横店.いまもっている紺のスーツは3シーズン用も夏用も東横でのイージーオーダー.
 
 いまはなき東横劇場での思い出が2つ.どちらも高校のときのこと.
 1つは東横寄席.たぶん高2の秋,中学のときの担任の先生に連れて行ってもらったこと.同級生数人と,教頭と.始まる前に井の頭線のガード下に近いラーメン屋で腹ごしらえをして寄席へ.「笑ってる場合ですよ」で「若様」とか呼ばれてチャラいと思っていた春風亭小朝の落語に感動してしまった.
 もう1つは高3に進級した日の夕方,東横劇場での映画会に行ったこと.「小さな恋のメロディ」と「いちご白書」.「いちご白書」を観たくて.
 東口の文化会館への連絡通路の下に傷痍軍人がいてアコーディオンを弾いていたのはいつごろまでだろうか.
 きれいになっていく渋谷.しかしどういうわけか愛着は減っていくな.

0 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月30日 14:16
    えっ、「小さな恋のメロディ」? 
    私は高校1年時の封切り時に観たのですが、主演のトレイシー・ハイドが可愛らしくて一目惚れし、その後また観に行ったり、映画誌「スクリーン」を買ったりして、やれることはすべてやりました(笑)。
    傷痍軍人の思い出は、自分唯一の「戦後体験」なのですが、まるたかさんは私よりかなり年下なのに、見たことがあるのですね。大阪と神戸では昭和41年頃にいなくなってしまいました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月30日 17:25
    > mixiユーザー 
     もちろん封切ではありません.1回限り,2本立てでの上映を「ぴあ」だか「angle」だかでみつけて出かけました,制服のままで.中学のとき,文化祭で「いちご白書」を上映したのを見逃してしまったので.
     
     連絡通路下の傷痍軍人は,中学の同級生も見たことがあると言ってました.小学校低学年のときですが(昭和でいうと47,48年ごろ).
     BSでドラマ「ありがとう」の第2シリーズの再放送をみたことがあるのですが(1972年から放送したもの.最初の放送もみていました),乙羽信子さん演じる看護婦長さんは婚約者が戦死,という設定.昭和40年代の半ばというのは,まだそういう時期だったのだなとあらためて思いました.

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する