mixiユーザー(id:2706255)

日記一覧

祥月命日日記
2020年05月12日22:40

 5月12日(火) 出社して請求書の入力の仕上げ.重版試算の依頼がずいぶん来ていたので,資料を引っ張り出してくる. 大型企画のスタッフへメールを送る.そのあと,昨日家で作った資料を整えて,関係者に送信する. 重版の試算.前回,「改訂前,最後

続きを読む

 5月10日(日) 目覚ましをかけなくても念じれば目が覚めるもので,4時前に目覚めトイレへ.4時から「ラジオ深夜便」の「クラシックの遺伝子」を聴く.半分眠っていたが. 番組が終わると同時にまた寝入り,気がついて7時前かと思ったら8時前.起きだし

続きを読む

 5月9日(土) 気がつくと5時.ラジオをつけて(ボリュームをあげて)寝返りをうったらまた寝入る. 次に気がつくと6時.「木梨の会」が始まった.うつらうつらしながら聴くが,トイレに行き,カーテンを開けて床のなかで聴きつづける.先日,大人買いし

続きを読む

 5月8日(金) 今週は昨日出社しただけだが,今朝の身体の重さは何なのだろう.ともかく出社. 請求書関係の確認をいくつか.ファックスを送ったり.そのあと会議の準備.営業から確認が入ったり.11時から7月新刊の部数,価格を決める会議.コアタイム

続きを読む

ふたたび仕事へ日記
2020年05月08日12:57

 5月7日(木) 久しぶりに出社.10時半から会議ひとつ.4月は何とか乗り切った.しかし書店や大学生協がまだ開いていない.本は送ったが,店頭では動いていない.アマゾンは生活用品の方を優先しているようだし.この1,2カ月が踏ん張りどころか. 午後

続きを読む

 2010年 星新一展(世田谷文学館)      城山三郎展(神奈川近代文学館) 2011年 遠藤周作展(神奈川近代文学館) 2012年 斎藤茂吉展(神奈川近代文学館) 2013年 井上ひさし展(神奈川近代文学館) 2014年 太宰治展(神奈川近代文学館) 201

続きを読む

 5月6日(水) はっと目が覚めると三田寛子が歌う「初恋」が流れていた.まだ4時ぐらいか.寝返りをうつとまた寝た.次に気がつくと生島ヒロシの声.6時前のコーナー.「ああきょうは休み」というより「連休も終わりだ」という気分になる.もうしばらくう

続きを読む

 5月5日(火) 目覚めると6時前.生島ヒロシがしゃべっている.トイレに行ってもう少し寝る.7時すぎに起きだす.晴れているが,「このあと曇り,雨になる」とカミさん.とはいえ,この2日分の洗濯物は洗ってしまおう.Tシャツとパンツぐらいなので. こ

続きを読む

 5月4日(月) 目覚めると生島ヒロシの声,6時前だった.トイレに行ってもう少しうだうだして,7時半ごろ起きだす.外は雨っぽい. お茶を飲んで8時すぎ朝食.そのあと伊集院光のラジオを聴く. 午前中,読書など.ラジオを聴きつつ.あれやこれや気に

続きを読む

 5月3日(日) 7時前に起きだし,7時から「ボクらの時代」観る.山田ルイ53世×スギちゃん×コウメ太夫という組み合わせなので. 朝食をとり,洗濯.昨日来たものと,しまってあった夏用のワイシャツ. 息子,熱を測ると36度6分.平熱であるが,2,3日

続きを読む

 5月2日(土) 目覚めたら4時半.5時間寝たがもう少し寝る.次に気がつくと5時.ニュースなので少しラジオのボリュームをあげる.再び寝入り6時前にトイレに行き,カーテンをあけ,窓をあけ,また寝て,6時から「木梨の会」を聴く.うだうだして7時半近く

続きを読む

皐月日記
2020年05月02日14:53

 5月1日(金) 祝第91回メーデー.とはいえ,オンライン開催って何するんだろう.会社の予定表に「メーデー」と記入している組合員がいたが,本当に参加してるんだろうな.家のPCの前で「インターナショナル」とか歌うのだろうか. 本日も出社.メーデー

続きを読む

 4月30日(木) なんと,4月が終わってしまう. 一昨日まではハーフコートを羽織って出社していたが,本日はコートなし,ベストありで出社.進行担当者が休んだため,原稿,ゲラの出し入れをする.問い合わせもあって,結構バタバタ.本来の仕事に集中

続きを読む

 4月29日(水) 目覚めたら5時前.せっかくなのでトイレに行って再び床へ.次に気がつくと生島ヒロシさんがエンディングの挨拶をしていたのでもう6時半.もうしばらくうだうだして,7時すぎに起きだす.顔を洗い,ワイシャツの袖と襟を洗って洗濯機にか

続きを読む

 4月28日(火) 4時ごろ気がつくが,はっきり目覚めたのは5時半.5,6時間しっかり眠れた.しかし,いろいろ精神的に疲れるので一人布団のなかで「あー,会社行きたくねー」とわめいてから起きだす. 出社して計算仕事をいくつか,書類仕事をひとつ,打

続きを読む

 4月27日(月) 充電切れで止まってしまい,充電をしたものの時間のずれがどうしても直らず,修理に出すべきかどうかと思っていた電波時計の腕時計(アテッサなのに)が,ようやくもとに戻った.昨日,玄関においておいたら直っていた.窓辺ではだめだっ

続きを読む

 4月26日(日) 5時ごろ目が覚めるが,日曜なのでトイレに行き,再度熟睡.次に気がつくと7時すぎ,起きだす.お茶の用意をして,少しだけ洗濯.8時ごろ朝食. 朝日新聞に京大人文研の藤原辰史さんが寄稿している.「人文知を軽んじた失政」と題されて

続きを読む

悲しいほどお天気日記
2020年04月26日00:26

 4月25日(土) 3時に目覚め,4時半近くに目覚めトイレに行き,5時半に目覚める.そのあと変な夢をみたが,どうも「木梨の会」を聴きながらうつらうつらして,耳から入った言葉が映像になったような感じ.7時すぎに起きだしてワイシャツの袖と襟を洗い,

続きを読む

 4月24日(金) 出社.朝から来週予定されていた会議の資料作成.ようやくゲラがそろった企画や,連絡をとれなかった編集者がきょうは午前中だけいるので打合せをしたり.ただし,会議は対面では(オンラインでも)やらず.事前に資料とコメントを送り,

続きを読む

 4月23日(木) 5月支払の再調整をして,7月新刊の編集担当者に取材,と思うが,結構な人が在宅勤務中なので,サイボウズを使って連絡.午前中にほとんどの人から返信があり,計算書をそろえる.ただ,2人からはどうしても返事がなく,うち1人は日程表で

続きを読む

在宅勤務&出社日記
2020年04月23日09:04

 4月21日(火) 7時近くに起きだす.本日は在宅勤務とした. 起きると,息子がすでに起きて朝食もとったとのこと.ならばと,ゴミ出しもしてもらう. 7時半ごろ外出.コンビニへ.タワレコからのCDを受け取り,朝食用にサンドイッチと乳酸飲料を買って

続きを読む

月曜からお疲れ日記
2020年04月21日09:16

 4月20日(月) しとしとと雨が降る.大きな傘,レインシューズ,コートを羽織り出社.今年はずいぶんコートを着ているが,このご時勢,帰宅してぱっと脱げるから4月も下旬だがまだ手放せない. 午前中,会議ひとつ.新型コロナウィルス禍,当分続きそ

続きを読む

 4月19日(日) 途中目覚めたかもしれないが,気がつくと6時過ぎ.日曜であることを喜び,トイレに行く.次に気がつくと,ラジオからは交通情報や天気予報.7時かなと思ったら,時報のち「8時の〜」と.あれれ.あわてて起きだすが,誰も起きておらず.

続きを読む

 4月18日(土) 目覚めると3時.トイレに行き寝なおす.次に気がつくと4時半,その次は5時半.6時からは「木梨の会」を聴くが,半分眠りつつ. 外から雨音.どうもしゃきっとしない天気らしい. 7時半に起きだす.洗顔し,着かえて新聞をとりこむ.こ

続きを読む

週末ぐったり日記
2020年04月18日09:31

 4月17日(金) 金曜日ということもあるのか,社内の人口は一段と少ない.しかしいくら在宅勤務奨励といっても朝から来て残業をする奴がいるから困ったもの.で,何をやっているかというとそんなに忙しそうじゃないのだから不思議だ. 7月新刊の見積り

続きを読む

 4月16日(木) 原価締め作業の仕上げ.原価率を出し,細かなチェックをし,資材の残りのチェックをする.午後,経理に連絡. そのほか,校正のチェックやら,7月新刊候補の確認やら.新刊の準備はすすめられるが,はたしてこれまで通り刊行して,書店

続きを読む

 4月14日(火) 6時前に目覚めるがまた寝てしまう.6時20分ごろ目覚めるが,さらに寝てしまい,起きだしたのは7時過ぎ.最後のひと眠りが多かったようで眠い.珍しく息子が起きだしていた. 本日は終日在宅勤務とした.朝食を摂り,洗濯をし,ラジオを

続きを読む

冬の雨のような春雨日記
2020年04月14日13:10

 4月13日(月) 大きな傘をさし,レインシューズを履いて出社.下車駅で降りる人,3,4人? 西口から出たのは私だけ. 朝からデスクワーク.10時半から打合せひとつ.よい報告はないな.紀伊国屋本店も15日から休業とのこと.都内の大きな書店はほとん

続きを読む

 4月12日(日) 目覚めると6時.やれやれと思ったらまた寝てしまった.次に気がつくと7時前.寝返りをうったら,あららもう8時前だ.起きだす. 着かえて,新聞をとりこむ.雨が降ったからか,少々肌寒い.カミさんが「炊飯器のスイッチが入っていない

続きを読む

4月11日・つづき
2020年04月12日14:22

 10時からEテレで村木厚子さんと今野敏さんの対談を観る. 村木さん,上昇志向が突出したものの,バランスがとれず議員とかに転身したような人々とは違う類のキャリア官僚であったということがわかった. みていてほっとする対談だった. 風呂からあがっ

続きを読む