mixiユーザー(id:27024478)

2021年01月16日20:48

18 view

「ザ・バニシング 〜消失〜」、「生きてるだけで、愛。」

 …正午まで、アルバイト。

 帰宅後、DVDでジョルジュ・シュルイツァー監督のオランダ映画「ザ・バニシング 〜消失〜」と、関根光才監督の「生きてるだけで、愛。」を観ました。



 ☆「ザ・バニシング 〜消失〜」(1988)監督 ジョルジュ・シュルイツァー 出演 ベルナール・ピエール・ドナデュー、ジーン・ベルヴォーツ、ヨハンナ・テア・ステーゲ、グウェン・エックハウス

 オランダからフランスへと車で小旅行に出掛けていたレックスとサスキア。立ち寄ったドライブインで、サスキアは忽然と姿を消してしまう。
 必死に彼女を捜すも手がかりは得られず、3年の歳月が経過する。依然として捜索をつづけるレックスのもとへ、犯人らしき人物から手紙が何通も届き始める……。


 ティム・クラッベの小説「ゴールテン・エッグ」を原作にした、オランダ発のスリラー映画です。

 …これは怖かったですねぇ。

 被害者である女性サスキアではなく、取り残されたパートナーであるレックスの視点で終始物語が語られるので、そのもどかしさや不安感がたまらないッ!

 一方、犯人である男の冷静沈着ぶりが、かえって不気味で恐ろしい気がします!


 そして、あのラスト。…イヤですねぇ。最悪じゃないッスか!
 もう、ホント、怖いです!


 『どっちがいいだろう。
  彼女は生きてるが
  僕には真相がわからないのと
  僕は真相を手にするが
  彼女は もう死んでるのと……。』



 ☆「生きてるだけで、愛。」(2018)監督 関根光才 出演 趣里、菅田将暉、田中哲司、西田尚実、松重豊、石橋静河、織田梨沙、仲里依紗

 過眠症で引きこもり気味の寧子は、ゴシップ雑誌の編集部に勤める恋人、津奈木と同棲している。
 アルバイトは続かず、現在無職。感情を上手くコントロール出来ず、津奈木に当たりちらす日々。そんな自分に何の反応も示さない彼に不満が募るばかり。津奈木は、仕事に対しこれまで無気力にこなすだけだったが、少しずつ心境に変化が訪れていた。
 そんなある日、寧子のもとに突然、津奈木の元恋人・安堂が現れる。津奈木とヨリを戻したい安堂は、寧子を津奈木の部屋から追い出そうと、自立させるため無理矢理カフェバーのアルバイトを決めてしまう。
 はじめは嫌がっていたものの、自分を受け入れてくれる店の人たちへ、寧子は次第に心を開いていくようになる。
 しかし、些細なことがきっかけで、店を飛び出してしまう。ちょうど同じ頃、津奈木は入稿間近の原稿をめぐって上司に反発し、ある行動に出る……。


 本谷有希子による同名恋愛小説を原作に、映像ディレクターの関根光才が脚本・監督を務めた作品。関根光才の長編劇映画デビュー作であります。

 主演の趣里は、水谷豊と伊藤蘭の娘さんなのだそうです。

 …とにかく、“寝てばっかの、ウツ女”、すげ〜な。
 趣里のメンヘラ少女っぷり、スゴいです!

 …躁鬱病とか統合失調症、強迫性障害、パニック障害、不安障害等など、健常者といわれる人にはごくごくアタリマエに出来ることでも、そんな簡単なコトも本当に出来ない、しんどい、それこそ生きてるだけでツラい、という病気に悩む人って、ワタクシが思う以上にたくさんいるんだろうなぁ。


 …見ていて、かなりシンドイ、痛い映画でしたねぇ。

1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する