ホーム > mixiユーザー(id:26897873) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:26897873)

日記一覧

レ・ヴァン・フランセ
2018年04月28日11:16

レ・ヴァン・フランセとは「フランスの風」の意。クラリネットのポール・メイエの呼びかけで集まった木管アンサンブル。つまりウィンド・アンサンブルということ。フランス流儀を貫く名人集団です。いずれもオーケストラの一員として、それぞれの楽器でのトッ

続きを読む

先だって読み終えた「バルトーク」が面白くて、同じ著者のこの本も読んでみようと思って手に取ってみた。本著の方が、近著になるが、これがとても面白くて思わず一気読みしてしまった。ヨーロッパの正統音楽であるクラシック音楽の深層に潜む民俗的主調、ある

続きを読む

オーケストラとは、管弦楽団のこと。でも、本来はそういう意味ではなかった。欧米のコンサートホールやオペラハウスに行くといつも戸惑うのが座席の呼称。日本のように1階席、2階席…というように素直に呼んでくれない。座席表をながめると、コンサートホー

続きを読む

レオンスカヤのシューベルト・ソナタ全曲演奏会はついに最終日を迎えました。さすがに最終日ともなると、会場の東京文化会館小ホールの雰囲気は一変しました。これまでの5回のコンサートの聴衆は地味な装いとどこかマニアックな空気があったのですが、この日

続きを読む

レオンスカヤのシューベルト・ソナタ全曲演奏家の5日目。二週間にもわたるチクルスに通い続けていると春の移ろいの速さに驚く。初日はダウンのベストを着ていても寒かったのに、この日は前日の春の嵐もどこへやら、シャツ一枚で上野へと出かけました。けれど

続きを読む

レオンスカヤのシューベルト・チクルスも4日目を迎え、いよいよ折り返し点を越えるところまで来ました。初めの3つのソナタは、いずれもシューベルト二十歳前後の作曲とされ、若いシューベルトがピアノ・ソナタの模索を続け、行ったり来たりを繰り返していた

続きを読む

レオンスカヤのシューベルト・チクルス。実は第二回はよんどころない事情があってスキップしてしまいました。二週間全6日にわたる全曲演奏は、ほぼ2日おきのコンサート。弾く方はもちろんですが、聴く方にもなかなかの負担です。皆勤とならなかったことは不

続きを読む

今年も東京春祭は、とても多彩で充実した内容です。けれども私は、二人のロシア・ピアニストにすべてをかけてしまいました。ひとりは、リフシッツの二夜にわたるバッハ。直前のパルティータも含めれば三晩にわたるバッハです。そして、このレオンスカヤの全6

続きを読む

リフシッツによるバッハのピアノ協奏曲全曲を演奏会の二日目。ピアノだけではなく他の楽器もソロとして加わる、二重、三重の協奏曲もあっていっそう華やかなコンサート。正確に言うと、イタリア様式の合奏協奏曲(コンチェルト・グロッソ)ということになりま

続きを読む

著者の近藤高顕さんは、新日本フィルハーモニー交響楽団(新日フィル)の首席ティンパニスト。私にとっては、定期会員である紀尾井ホール室内管弦楽団のメンバーとして親しんでいる。本書は、そのティンパニ人生を縦横無尽に語っている。もともとは「200C

続きを読む

スカラ座の様々な顔を楽しんだ音楽三昧もいよいよ最終夜。それは音楽三昧の旅の最終夜にふさいわしいという意味でも最大のクライマックスでした。オペラ上演というだけに限らないスカラ座の全く違う相貌はまさに七変化。私たちの最終夜は、ピアノ・ソロ・リサ

続きを読む

滞在終盤のミラノ散策は、邸宅博物館めぐり。貴族が実際に住んでいた豪邸を一般公開したもので、街の中心地の石造りの古いアパートとあまり違いがわからない外観からは想像もつかないような豪華なマンション。こうした貴族の邸宅はフィレンツェなどにもありま

続きを読む