ホーム > mixiユーザー(id:26897873) > mixiユーザーの日記一覧 > ピアノという魔界 (萩原麻未 ピアノリサイタル)

mixiユーザー(id:26897873)

2020年02月18日15:41

88 view

ピアノという魔界 (萩原麻未 ピアノリサイタル)

今年に入って早くも2度目の町田の小さなコンサートサロン、アートスペース・オー。

またまた足を運んだのは、何と言っても萩原麻未さんのピアノを久々に聴きたかったから。

フォト


間近な距離で聴く萩原さんのピアノは、凄い。

ちょっと陳腐な言葉で気恥ずかしいのですが、それこそ『ハンパない!』というしかありませんでした。

サロン主宰の大橋さんが、コンサートの後で「ここのピアノがこれほど鳴ったことはいままでないほど」「萩原さん自身が、すごく気に入ってしまったようで、今日は何かが起こりそう…と仰っていたけど、その通りになりました」と話されていました。うんうんと何度も深くうなずいてしまいました。

調律師の方も会場の後方でずっと聴いておられました。30分前に開場となり部屋に入ると轟音のようなスケールが鳴り響いています。満足げに微笑む、ナマ萩原さんとすれ違って、ちょっとびっくり。調律師の方も、ピアノを布で丁寧に拭って後を追うように退場。調律師さんは、開演中は譜面台をつけたり外したり、途中の休憩時間にも、入念に調整されていました。こんなことは、このサロンだけでなく大きなホールでもあまり見かけません。ましてや、開場して客が入ってきてもまだ本人がいてぎりぎりまでチューニングだなんて、変人ポゴレリッチもびっくりでしょう。

最初のバッハは、とてもまろやかな音。空間が小さいのでともすれば強くキツくなりがちですが、タッチはとても柔らかい。もちろんフォルテはよく響くし、時に音が空を切る。ほとんどノンペダルですが、最後の和音などここぞというときには思い切りよくぐっとペダルを踏み込むと、残音にとても深みを感じさせます。それ以外は、音色の移ろいはタッチだけで出していく。とても心地よい多幸感に満ちたバッハ。

バッハに続いては、何とシュトックハウゼン。

シュトックハウゼンと言えば、私の世代にとっては「電子音楽」の作曲家。大阪万博ではドイツ館でそういう実験的音楽を繰り広げ、武満徹やクセナキスらの鉄鋼館と前衛の覇を競う感がありました。このピアノ曲は、その前のセリー音楽の時期のものですが、そういう鋼の緊迫した密度の高い響きや音色で、バッハの温雅な世界からたちまち眼が醒めてしまいます。利き酒とか、聞香と同じように、刹那、刹那の音の微妙な響きの違いを鑑賞し聞き分ける遊びをしているかのような心境となって、だんだんと感覚が研ぎ澄まされていきます。この小さなグランドピアノから醸し出されていることが信じられませんが、こういう音の世界はなかなか体験できるものではありません。

そして、再び、シューマンのおとぎ話の世界に引き戻されます。でも、そこでも多様性に富んだテンペラメントが次から次へと繰り広げられます。心の物語のような情感の起伏と見事に調和していて、まさに『情景』となって目の前に浮かび上がってきます。

フォト


そういうテンペラメントが、さながら洪水が押し寄せてくるかのような観があったのが最後のショパンのソナタ。

この曲を直近で聴いたのは、スカラ座でのポリーニでしたが、もちろん、あれも感動的な演奏でした。ポリーニのピアノは、堅い陶製のタイルを敷き詰めて色彩を散りばめていくモザイク絵のような音楽。麻未さんのショパンは、…ゴブラン織りのようなと言ったらいいのでしょうか…そういう厚手の織物に触れたり眺めたりする感覚で、色彩だけでなく織り目も変化に富み、しかも冷熱を帯びている。ソナタは、冒頭からいきなり駆け出すように始まり、しかも、低域の分散和音はまるでオルガンのように響くので、もうそのまま魂をわしづかみにされてしまいます。その後は、めくるめく多彩なテンペラメントの洪水に感情を翻弄されてしまいました。

フォト


演奏が終わると、ご本人の目も濡れたように紅潮しています。ちょっとはにかむような笑みを見せて深々と礼をされたのは、おそらくご自身も取り憑かれたように無我夢中だったショパンの世界から我に返り急に現実に引き戻されたような気持ちがあったからではないでしょうか。

とにかく凄いピアノでした。



フォト


アートスペース・オー 第230回コンサート
萩原麻未 ピアノリサイタル

2020年2月16日(日) 16:00
東京・町田 アートスペース・オー

萩原麻未(ピアノ)

J.S. バッハ:フランス組曲第5番ト長調 BWV816
シュトックハウゼン:ピアノ曲 第7 20 No.4(1954)
          ピアノ曲 第8 21 No.4(1954)
R.シューマン:子供の情景 op.15

ショパン:ピアノ・ソナタ 第3番ロ短調 op.58

(アンコール)
ショパン:黒鍵のエチュード(12の練習曲 op.10より第5番変ト長調)
17 9

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月18日 16:26
    タッチが美しいピアニストなので、何度か聴いています。こういうインティメートな感じのホールで聞けるのは羨ましいです。何人くらいくらい入るホールなのでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月18日 18:52
    堤さんとのConcertの帰り(飲み食い)に路上で偶然遭遇・・・・お母さま(広島から)と一緒でしたので当日のYamahaピアノの音の感想を述べたら<YAMAHAとは相性が良い・・・>との回答、その後も駅のHomeまでご一緒し楽しく喋ることが出来ました、こんな稀有な経験もあのホールではのお陰ですね!!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月18日 23:57
    >ベルウッドさん
    私は先月、西宮で生演奏を聴きました。シューベルトがテーマのコンサートでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月19日 11:23
    > ロベルトさん

    学校の教室ぐらいの広さですから、演奏スペース次第ですが、100人ほどで満杯ではないでしょうか。折りたたみのパイプ椅子で適当に並べてのコンサートになります。この日は、たぶん60人ぐらいだったと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月19日 11:28
    > UNICORNさん

    次回は、そのサントリーホール館長先生とベートーヴェンのチェロソナタです。#1、#5、#3とアナウンスされていますが、大先生が大張きりで、全曲演奏になるとのことです。萩原さんは大先生のお気に入りなのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月19日 11:32
    > mixiユーザー 

    わぁーうらやましい。私はまだ萩原さんのシューベルトを聴いたことがないのです。少し前の萩原さんはリズムに没入していてラヴェルとか凄かったのですが、今はどうもテンペラメントに熱中しているようです。シューマンの細かい転調を重ねていくところなど見事でした。シューベルトの転調の移ろいをタッチで音色にも反映させるところなどを聴いてみたいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月20日 00:16
    > ベルウッドさん
    個人的には館長先生とのベートーヴェンチェロソナタツィクルス聴いてみたいです。
    何故なら何よりベートーヴェンが好きですし、堤さんのベートーヴェンチェロソナタは
    3・4番を生演奏で聴きましたし、お二人で収録された4番のCDを会場で買いましたし。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月21日 11:41
    私はこのホールではまだ聴いたことがありません。写真でみる限りでは天井はあまり高くないので、ホールの容積はあまり大きくないようですが、ピアニストが強奏した時の響きは大丈夫でしたか?

    私が時々、聴きにいく水戸の佐川文庫は150人規模で、ここよりもちょっと大きいぐらいですが、ここも容積があまり大きくなく、かつ吸音も不十分で、ピアノの強奏がウァンウァンと鳴りすぎてしまう特徴があります。私、ここでは気持ちよく音楽を聞けない悩みがあり、佐川文庫ではできるだけ音源から遠い席で聴くようにしています。
    以前、白寿ホールで聴いた原田英代のリサイタルの時も、ホール容積は大きくてもピアノが鳴りすぎてしまって閉口した時がありました。

    ベルウッドさんにとって、首都圏でピアノが快適で気持ちよく聴けるホールって、どこだとお考えですか?私の場合は紀尾井・浜離宮・東京文化小ホール・トッパン・神奈川音楽堂です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月04日 18:28
    エビネンコさん

    遅レス失礼いたします。

    ここはホールというよりサロンです。そして実態は倉庫のようなスペースをフローリングなどの改築を施しただけの空間です。外部ノイズの遮音性など、正直、申し上げて音楽を聴く場所としては、決して理想の環境ではありませんが、だからこそ少人数で演奏家と近接して聴ける直接的な音に魅力を感じています。しかも、招聘される音楽家は、若手からベテランまで超一流ばかりなので驚くばかりです。

    ピアノ(に限りませんが)の楽器としての音はむき出しで、「快適」とは対極にある厳しさがあります。それだけに演奏者の資質や対応力、音楽への姿勢などがシビアに伝わってきます。やはりどうしても近すぎて鳴りすぎてしまいます。萩原さんは、決して音のダイナミックスを抑制していませんでしたが、楽器本来の響きを存分に引き出しながら実にクリアで多彩な音色を弾き分けていて素晴らしかったのです。むしろ、この厳しい環境だからこそ聴くことのできた希少で素晴らしい演奏だったと思います。

    首都圏でピアノの良いホールは、必ずしも多くないと思います。音響面もさることながら、ホール所有楽器のメンテナンスやステージ上のセッティングへのアドバイスなど、スタッフのマネジメントの実力という面もあると思います。私が好きなのは、紀尾井ホール(+首都圏と言って良ければ水戸芸術劇場)でしょうか。名前を挙げておられませんが、王子ホールもよいホールだと思います。最近、彩の国芸術劇場も注目しています。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する