ホーム > mixiユーザー(id:268402) > mixiユーザーの日記一覧 > 歩きスマホについて考えるの心

mixiユーザー(id:268402)

2019年10月03日21:00

17 view

歩きスマホについて考えるの心

ある日の仕事帰り、某駅にて。
ぼくの前を歩いていた人がやけに忙しそうに階段を一段とばしで登って行ったと思ったら登り切った途端にスマホ取り出してノロノロよそ見歩行を始めた。
最近よくある光景だけど相変わらず意味がさっぱり分からないw
なんであんなにしゃかりきになって登ったし。
もしかしてそれほどまでして急いでスマホいじりたかったのかな。いや階段だろうが乗降口だろうが誰もお構いなしだからそれはありえんか。

なんで止めないのかな。
人の心を読むことなど出来はしないけれど、でも「自分だけは大丈夫」「少しくらいなら大丈夫」って身勝手に決め込んでる人だらけに見える。
ひょっとして「相手がよけてくれて当たり前」とか勘違っちゃってたりするのかな。さもなくば実は何かの武術とかの達人で気を感じ取ってすいすい行っちゃう系の人なのかな。なんやねんソレwwwww
ところで最近の「大丈夫」の使われ方もよくわかりません。どうすれば?

そいやどっかのニュースサイトで歩きスマホ専門の当たり屋にインタビューみたいな記事をこないだ読んだっけ。是非で言ったら「非」だけどじゃあ歩きスマホ一向にやめない馬鹿どもをかばいたいのかと問われたらそっちも「非」だな。そりゃま確かに乗車の順番待ちのときスマホいじりに夢中になって固まってる愚か者に出くわすたび「もしも今ここで後ろから押されたように見せかけて腰椎あたりに膝蹴りぶっ込めたら面白いかもしれないなあ」ってしょっちゅう妄想してるけど、でも同時に「それをやっちゃあおしまいだ」とも思うのでいちおう我慢。

て言うかさ。
スマホうんぬん抜きで「歩くときはちゃんと前を見ろ」って子供のころ教わらなかったのかな。そんな筈ない    よね?
誰かなんとかして。いやマジで。

--
♪Popular girl(live) / Survivor
https://www.youtube.com/watch?v=ay2O6n4QDF4

洋楽マニアの先輩(師匠?)な母と共に観た中野サンプラザ公演は思い出深い。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する