ホーム > mixiユーザー(id:26825206) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:26825206)

日記一覧

今日は最後です。芭蕉記念館で、アウェイクニングコースを開いてます。 このコースでは、ゆるゆる瞑想や、 光の柱立て、古代マヤの卵ヒーリングなどを行います。 こころとからだがゆるみ、 自分の内側へと入っていきます。 2日間参加することで ディクシ

続きを読む

あなたの宇宙はあなただけ、二つと同じ宇宙は 存在していないのです。 津留晃一 信じるものを見る 人にとって目に見えないものを 信じるという事は なかなか難しいことのようです。 誰も自分が確信できないものを 信じようとはしません。 しかしこの思考パタ

続きを読む

あなた方は自分を変えることはできないし変える必要もないのです。 バガバァン 宇宙は基本的に予測できないものです。 なぜなら、宇宙は生きているものだからです。 そして、宇宙は瞬間ごとに変化しています。 人生が自分の支配を超えていることを知るとき、

続きを読む

ゾルバは愛だ。ブッダは覚醒だ。私はあなた方に、あなたの愛とあなたの覚醒の両方において成長して欲しい・・osho愛と覚醒を一緒に成長させるということは、存在の中でもっとも難しいことのひとつだ。人々はひとつを成長させることすら難しいと思う。だから通

続きを読む

芭蕉が悟った時『古池やかわずとびこむ水の音』が生まれました。 今日です。8月30、31日芭蕉記念館で、アウェイクニングコースを開きます。 芭蕉庵のあった近くの芭蕉記念館で アウェークニングコースをやるので、 芭蕉の悟りのプロセスを のせます。 僕

続きを読む

ハートの癒しと愛の開花は、ワンネスへ戻る道です。 バガバァン 生命は動きです。 秩序と無秩序、光と影、成長と衰退のあいだを揺れ動きます。 秩序から無秩序への動きが、 あなたをワンネスから分割へと動かすのは、自然の成り行きなのです。 意識的な存在と

続きを読む

ハラのセンターに波長を合わせたら、あなたは、勇気をもって生きられる。ぼく、シャンタンのやってるゆるゆる瞑想はゆるゆるした意識の中でもっと、もっと 自分の内側に入っていき 丹田に入り 【自分のハラの底の底】から 【自分自身やすべてを観る】ことなの

続きを読む

あなたは存在している事に価値があります。 寝たきりの人は寝たきりでいる事がその人の役割です。全ては完全なゆとりの中で、 穏やかな環境の中で生活が出来るようになってきます。 津留晃一 「働かざるもの食うべからず」という価値観があります。 「何もし

続きを読む

あなたは存在している事に価値があります。 寝たきりの人は寝たきりでいる事がその人の役割です。全ては完全なゆとりの中で、 穏やかな環境の中で生活が出来るようになってきます。 津留晃一 「働かざるもの食うべからず」という価値観があります。 「何もし

続きを読む

いま、思い切り、自分を解放する時です。 いいかげん 自由になりなさい エクスタシーに満ちた人は、自由だ。 エクスタシーとは自由のことだ。子供はみなエクスタシーに満ちて生まれて来る。 エクスタシーは自然なものだ。 それは偉大な賢者達にだけ起こるもの

続きを読む

y、s
2016年08月29日19:21

山口小夜子。こころがからだを着ているなあと思うの。 これは小夜子がどう生きたかがわかる動画。 http://www.bing.com/videos/search… これは小夜子の動き、静止のエネルギーを感じられるもの。 http://www.bing.com/videos/search… これは小夜子ダンスパ

続きを読む

明日です。8月30、31日芭蕉記念館で、アウェイクニングコースを開きます。 このコースでは、ゆるゆる瞑想や、 光の柱立て、古代マヤの卵ヒーリングなどを行います。 こころとからだがゆるみ、 自分の内側へと入っていきます。 2日間参加することで

続きを読む

性行為はとても簡単だ。が、愛の行為はもっと複雑なものだ。  osho愛のないセックスはただの浪費にすぎない。それは深い動きではない。 エネルギーは移動する、が、線的にだ… サークルは作られていない。 サークルがそこにあるとき、はじめてあなたは一つに

続きを読む

今では小言が始まる瞬間にエクスタシーを感じるのです。 内側の世界ではいかなる努力も葛藤となります。努力がない時、そこには平安があります。 質問者 人生において平安を得るためにはどうすべきでしょうか? バガヴァン もし平安を得たければ、それを探し

続きを読む

自分を救うこと、それが地球を救うこと。それが宇宙維新です。 津留晃一 我々の本質は、生でもなければ死であるわけでもありません。 「生」と「死」その間にあるもの、それこそが我々の本質そのものです。 そのどちらでもなく、その間にいて永遠であるもの。

続きを読む

一刻も早く日本から、最後の地球の大掃除を始めて下されよ。 集団覚醒の時代です。本格的な激動の時代はこれからです。 私たちは、壮大な宇宙計画がいよいよ! クライマックスに来ようとしている時に 地球から眼を離せません! 集団覚醒の波は起こります。 本

続きを読む

【ディクシャとは】
2016年08月28日05:17

【ディクシャとは】宇宙・高次元の存在からのエネルギーを脳に送り、 悟りを促します。 悟りとは、何も特別なことではありません。この世で起こっていることは、感じる苦しみも含めて、 自分の想念が作り出しています。 脳にディクシャのエネルギーを送ること

続きを読む

ハートが出会うとき… 男と女の… 陰と陽が出会っている。 osho誰かのからだと戯れ、誰かがあなたのからだと戯れ遊ぶのは、美しい。 踊り、歌い、抱きしめ、愛撫している、まさにその二人のからだは美しいシンフォニーだ。 そこにはオーガズムのことを考える

続きを読む

あなたが一旦目覚めたら、他人の影響を受けやすくなります。 質問 バガヴァン、目覚めと神実現(神性の実現)を得た状態では、 個人のカルマや条件付けはしゃしゃり出なくなり、 現実の受け止め方に影響を与えなくなるのでしょうか。 そういった陰や無意識の影

続きを読む

「このままではダメだ」という思いが、このままではいけない現実を呼び寄せます。 津留晃一 「こんな自分を何とかしよう」、 「この気持ちを何とかしなければ」、 「あいつはこのままではいかん、 何とかしなければ」、 とこんな気持ちから 行動をとってい

続きを読む

愛は、霊的な鏡だ。それはあなたを育てる。 それはあなたを統合する。再び子供になるためには、子供は世間に毒される必要がある。 問い: 「何故愛は、霊的な成長においてそんなに大切なのですか?」 OSHO 愛と気づきは、両極の最高の高みだ。 ちょうど、男

続きを読む

あなたは優しさで、あなたは意地悪です。あなたは正直者で、あなたは嘘つきです。津留晃一 昭和21年2月22日、福岡県生まれ。 昭和44年上智大学理工学部卒業。 5年間のサラリーマン生活を経て独立し、コンピューターソフトウェア会社を設立。 一時は社

続きを読む

セックス・センターが本当に開くことができるのは、いっさい恐れなどないときだ。 osho数多くの女性たちが、自分にオーガズムを経験できる能力があるということを知ることもなく生きて、そして死んでいる。 だが、あなたは大いなるオーガズムの炸裂を経験でき

続きを読む

空、それは空虚の様に見える。 あなたは今まで常にエゴによって充たされてきたからだ。 質問 瞑想の中で、「私」が一時的に落ち、 内側に空が生じることがあります。 でもその 空は「未知」の訪れによって満たされることがなく、 私は挫折感を味わいます。 ど

続きを読む

集団覚醒の時代です。本格的な激動の時代はこれからです。私たちは、壮大な宇宙計画がいよいよ!クライマックスに来ようとしている時に地球から眼を離せません!集団覚醒の波は起こります。本格的な激動の時代はこれからです。集団覚醒の時代です。 今はまだ

続きを読む

意識はいつも見ています。喧嘩をしていたら、それを見ています。 質問 バカヴァン、多くの講義でマインドと、マインド の働き方に 関して明解に説明されていらっしゃいますが、 もう少し意識に関してお話頂けますか。意識とは何ですか。 どう働くのですか。

続きを読む

意識はいつも見ています。喧嘩をしていたら、それを見ています。 質問 バカヴァン、多くの講義でマインドと、マインド の働き方に 関して明解に説明されていらっしゃいますが、 もう少し意識に関してお話頂けますか。意識とは何ですか。 どう働くのですか。

続きを読む

目覚めた時、あなたは自分が変容という 地球ドラマを見ていた事に気付くでしょう。 他人とは、あなたにあなたの自我のあり様を伝えてくれる、 大切なメッセンジャーのことです。 津留晃一 楽しみたくて作り上げてきたあなたの大切な自我です。 なにも慌てふた

続きを読む

オーガズムとは何か?
2016年08月26日03:22

oshoオーガズムとは何か? オーガズムとは、あなたのからだがもはや物質として感じられない状態のことだ。  それはあたかもエネルギーや電気のように振動する。 それは根底からあまりに深く振動するため、 あなたは完全にそれが物質であることすら忘れ去って

続きを読む

2016年08月26日03:14

あなたは肉体ではない。だが、あなたはその中で生きている。 そして、肉体にはその果たすべき必要なものがある。 もし人がトータルな統一体として成長すべきなら、その時には、どんなことでも受け入れるべきだ。  拒絶できるものなど何ひとつない。 もちろん

続きを読む