ホーム > mixiユーザー(id:26825206) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:26825206)

日記一覧

あなたが悟るとあなたはそこにいません。あるのはただ愛だけです。 バガバァン 自己(self)は錯覚を生じさせます。 自己は本当には存在しません。 単に感覚器官の協調により発生したものです。 いろいろな心理的要素がそれを創り出しています。 それ自身の存

続きを読む

責めないで下さい。裁かないで下さい。それが自分であっても、 他人であっても。津留晃一.今・ここ・この瞬間他人のために生きるという「考え方」を持つと、人はそこから思考を働かせ始めます。「どうすればいいだろうか」と。このとき人は、 今ではなく未来

続きを読む

怒りはエネルギーだ、恐怖はエネルギーだ、嫉妬も臆病もそうだ。質問臆病や偽善といった否定的な感情もまた美しいということはあり得るのですか? oshoもしあなたが勇敢な人であろうという考えをもっていたら、臆病者であることは醜く見える。だが、臆病なの

続きを読む

マインドのなかでのみ自己不信は続きます。あなたはただそれを見ているだけです。 質問 バガヴァン、自己不信はどこから来るのでしょうか? 自己不信から脱却するにはどうしたらよいでしょうか? バガヴァン そのためにはマインドの本質を理解する必要があり

続きを読む

祈りは喉のセンターに関係がある。その体験は、子供が初めて母親の乳房を吸うときと、まったくよく似ている。 あなたは、何かを言うのではなく、あなたは何かを受け取るのだ。 祈りは〈神〉の贈り物を受け取る用意ができているということだ。 osho それが喉

続きを読む

時代の先駆者の方々にとって、創造の年が始まります。思いがストレートにそのまま現実を創ってしまうという時代の始まりです。津留晃一さん  地球には地球人というひとりの人間意識が存在します。人類の集合意識とも呼ばれています。「自分こそがそのひとり

続きを読む

「簡単にいく」という思いに切り替えることが出来るのは「今」です。 津留晃一 しかし、 せっかくのゲームを長引かせたいのか、 苦しみや困難の中で この後半のゲームを 遊んでいる方々が多く見られます。 「イヤー、よくわからない」 という言葉と お友達

続きを読む

「考える」ということが生じますが、あなたが考えているのではありません。マインドの外に出た時、そこにあるのは純粋な愛です。純粋な喜びです。バガバァンもしあなたがこの教えについて深く考え、そしてディクシャを与え、受け取るなら、何か変化が生じるの

続きを読む

2018年2月24日土曜日に恵比寿ガーデンプレイスガーデンルームにてシャンタンの映像作品と音楽とコラボで銀耳ユキimprovisation dance出演します。稽古風景がこちらです。https://ameblo.jp/miyairikuro/entry-12348199876.html詳細は、上記↑↑をご覧ください

続きを読む

人に優しくしたいのに、自分の意地悪い思いに愕然とさせられます。 津留晃一  自己の本質に目覚めかけた人は、 人に何かしてあげる事に大きな悦びを発見します。 「人に優しくしたい」という、 人間の根元的欲求があるからです。 できる限り奉仕しようと心

続きを読む

ハートは冒険を待ち焦がれている、愛はハートから湧き起こる。ハートはつねに革命のさなかにある。 osho疑いは防御だ。 そして、たとえそれで守られているにしても、 あなたは行き詰まったままだ、動くことはできないーー 動きのひとつひとつが恐怖をもたら

続きを読む

あなたが気づく時、経験は勝手に起こります。現実をありのままに経験するのです。 バカヴァン昨日はメキシコと、今日はスエーデンとイタリアとお話しました。気づいたのですが教えに関して誤解があるようです。質問の仕方から見ると教えを誤解されているのが

続きを読む

あなたは自分の手でシナリオを書いてこの地球へやってきました。   津留晃一さんのメッセージ。 多くの人が、自分には「何かしなければならない事がある」 と考えているようです。 自分には何か成すべき使命があると考えます。 あなたに成すべきことが何か

続きを読む

全てが変わっていくでしょう。競争は協力に。世界は一つの家族のようになるでしょう。 1. 親愛なるバガヴァン 日本のために特別な祈りの機会を与えてくださり、 ありがとうございます。 私は愛する人と幸せな家庭を持ちたいと願っています。 願い続け、努力

続きを読む

osho全面的なリラクセーションは究極的なものだ。それは人がブッダになる瞬間だ。それは悟り、光明、キリスト意識の瞬間だ。 あなたはたったいまは全面的にリラックスすることができない。奥深い中心ではいまだに緊張が続いている。 だが、くつろぐことを始

続きを読む

自分自身になる為に成長するのでなければ、あなたは惨めなままだ。質問なぜ私は、あるがままの自分を受け容れるのが恐いのでしょう? osho誰もが同じ状況にある。誰もがあるがままの自分を受け容れることを恐れている。これが人類のすべての過去が、あらゆる

続きを読む

きようは寒い。雪だ。最近の気候の急激なへんかがからだの覚醒をもたらしているとぼくには思える。 きようは寒い。恵那は雪が降り、いまも雪はつもっている。 最近、気候の上下が急カーブを描いている。 それにたいして  さいきんの気候はなななんなんだ

続きを読む

皆が、とても幸せで、犯罪もなく、争いもなく、警察もなく政府すらもなくなります。 皆が幸せで、全てがスムーズに運ぶからです。 この内側の変化を私達は、ワンネスと呼んでいます。 この外側の変化を私達は、ゴールデンエイジと呼んでいます。 カルキ・バガ

続きを読む

完全に嫉妬心から解放されるまでに、私は7回の失恋を体験させられました。 津留晃一さん 嫉妬心  私たちが覚醒するまでに乗り越えなければならないひとつの壁があります。 それが嫉妬という感情です。 「うらやましい」という最も軽い嫉妬から、人の成功を

続きを読む

丹田に入ることが自分の中心に入ること。そこは何もなくてすべてに満たされているんだよ。 3年前のESHAの日記そのままのせます。皆様 こんにちは〜♪ *ESHA*です(*´∀`*) 夏あたりに Facebookを始めました〜♪ 自分から発信するより 読み専ですが(*´∇`

続きを読む

自我という観念の殻を、自ら打ち破るときがきました。 観念の檻からの脱皮です。これからは、あれは間違い、これは正しい、という分離思考の人にとっては、いたたまれない世界となるようです。 あなたの心の内なる世界で、善悪とか、正邪といった、 もろもろ

続きを読む

目覚めた人は、他人を説得しようとはしない。バガバァン目覚めた人は、空っぽであり、ゆえに有能である。目覚めた人は、学ぶべきものは何もないということを知っている。必要なのは、ただ学んだものを捨てるだけである。目覚めた人は、絶えず学んだことを捨て

続きを読む

2018年01月24日04:06

今という混沌とした時代では、流れの予測がいかに難しいかに人々は気がついているようです。乱気流がそこここに落とし穴を開けていま す。これらは時には苦痛でありえますが、成長と理解のためには大切です。今 日はあなた方に、地球は流動状態にある、とのご

続きを読む

2018年01月24日03:58

Aisha North 皆さんは人類全体を古い世 界から新しい世界へと上昇させるために来ているのです。 皆さ ん一人一人がこの新しい世界を築くための建設プラン、 いわばブループリントの重要なる役割を受けもっています。 そして、皆さんはもうすでにその組立に取

続きを読む

2018年01月24日03:51

ウイルス君、ばい菌ちゃん、あなたたちを悪者にしてしまった人間を、お許し下さい ひでぼー天使の詩 . ウイルス君、ばい菌ちゃんへ ウイルス君、ばい菌ちゃんに、みんなの代表として、 僕がごめんなさいのお手紙を書きます。 「ウイルス君、ばい菌ちゃん、あ

続きを読む

すべての愛は必ず、自分を愛することから始まります。 バガバァン 愛の欠落がすべての問題の根源です。 そしてその原因はさほど遠くにはありません。 実は私たちひとりひとりの中にあります。 集団の状態によって影響をうけた、私たち個人の内側の状態が原因

続きを読む

いま、人類は多くの核兵器を持っている。ただボタンを押すだけで、地球全体を破壊出来る。osho世界中の政治家達が、あらゆる時代を通してやっていることは、たんに非人道的で醜い。だがその理由、その根本的な理由は、彼らが根深い劣等感を抱いていることにあ

続きを読む

偉大なるもの、 美しきもの、 それらはすべてかならず自在で臨機応変だ。 <生>は計画など知らない。 自分自身それだけで充分だ。 osho  偉大なるもの、  美しきもの、  真実でリアルなるもの、  それらはすべてかならず自在で臨機応変だ。  それら

続きを読む

人の数だけの対立する意見が、 どれも正しいと思えるようになってきます。津留晃一思考のメカニズム 私達の魂には初期挿入されたと考えられる基本的欲求があります。「源へ帰りたい」という帰省本能とでも言えばよいでしょうか、そんな根本欲求が埋め込まれ

続きを読む

愛を発見しようとしたり、愛を実践しようと試みてはいけません。 質問  シュリ・バガヴァン、目覚めをいただき、ありがとうございます。 目覚めは私の人生で最高の贈り物です。 努力することなしに”あるがまま”に留まることと、 現在にいることの違いは何

続きを読む