ホーム > mixiユーザー(id:26825206) > mixiユーザーの日記一覧 > 並木良和さんとシャンタンさん二つのユニークな輝きが一つに調和していく。

mixiユーザー(id:26825206)

2019年12月10日23:18

10 view

並木良和さんとシャンタンさん二つのユニークな輝きが一つに調和していく。


並木良和さんとシャンタンさん二つのユニークな輝きが一つに調和していく。


並木良和さんのお話は、
笑えて気づいて高まっていく、
絶妙トークでした。

そして、そんな並木さんに、
ゆったりとして、深く心に響く、シャンタンさんの言葉が絡み合っていくのです。

並木良和さんとシャンタンさん二つのユニークな輝きが一つに調和していく。
そして、会場全体が一つに調和していく。
そんな場に参加できて、本当に嬉しい!!

光を与えられる人。
光を楽しめる人。
それが、皆さん一人一人なんです。

フロウライト、2019年12月10日。

昨日、12月9日は、
ゆきさんとタバーンさんとで、
葛飾八幡にお参りしました。

並木良和さんのお祭りイベントにシャンタンがコラボすると言うので、
最高のお祭りになるようにお祈りしようと思ったのです。

拝殿の右に、千本いちょうと言うご神木がありました。
1200年以上の間、
この地を守って来たイチョウの木です。
そこで感じたのは、
ご神木と言うのは、
自然に、光の柱として働いているということでした。
その光の柱のエネルギーを感じ取った人たちが、
そこに社を立てる。
そして、祈りを捧げていく。
そうすると、
祈った人たちの心に、
光の柱のエネルギーが分け与えられる。
そうやって、それぞれの人生を善きものとしていく。
それが、神社信仰の元になったようです。

この千本イチョウ様が、
どうにも、お疲れのように感じました。
ので、ディクシャさせていただきました。
今日は、この千本イチョウ様に合うために、
本谷羽田に来たんだな。
そんなことを思うくらいに、
千本イチョウ様との出会いは、私の心に刻まれました。
市川市文化会館まで歩きながら、
この街を守っておられる千本イチョウ様の、
見えざるフンワリとしたエネルギーを感じていました。
でも、あのお疲れぶりは、どうだろう?
そんな心配が膨らんでいきます。

 そして、シャンタンさんの光の柱建てが執り行われた時に、
千本ンイチョウ様が、
とっても喜ばれているのを感じました。

市川文化会館に光の柱が立つこと。
そして、光の柱を立てることができる人々、
光の創造に意識的に関わる人々が、
終結して、大きな柱を立ててくれたことが、
とっても、嬉しかったのです。

「光を与えられる人。
光を楽しめる人。
それが、皆さん一人一人なんです。
皆さん一人一人が、ご神木なんです。
だから、私から何かをもらおうとしなくてもいいんです。
ちゃんと、皆さんの中に、光が溢れているのですから。
そのことに気づいてもらうために、
私は、この地にあるのです。」
そんな千本イチョウ様からのメッセージをいただきました。

ところで、市川は、
1の川。
ワンネスの川なんですね。
ですから、今回のテーマもワンネスだった。
ということ。
市川周辺は、
まだまだ不思議なことが、たくさんありそうな土地ですね。

シャンタンさんが、
「そのうちにね。千人規模で光の柱を立てるようになるんだよ!」
そんなことを何度か語ってくれたことがあります。
それが、今日は実現しちゃった!!
しかも、2000人規模。

 そんな感激もあって、
今回の光の柱のエネルギーは、
いつもに増してパワフルでディープで、まぶしかったです。

 並木良和さんのお話は、
笑えて気づいて高まっていく、
絶妙トークでした。

そして、そんな並木さんに、
ゆったりとして、深く心に響く、シャンタンさんの言葉が絡み合っていくのです。

二つのユニークな輝きが一つに調和していく。
そして、会場全体が一つに調和していく。
そんな場に参加できて、本当に嬉しい!!
ゆるゆるワクワクの令和が、
本当に開けたんだなと、深く感動しました。

とっても面白かったです。
嬉し嬉しの世の中の到来です。




4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する